コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツワイク ツワイク Zweig, Arnold

8件 の用語解説(ツワイクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツワイク
ツワイク
Zweig, Arnold

[生]1887.11.10. グローガウ
[没]1968.11.26. 東ベルリン(現ベルリン)
ドイツの作家。ユダヤ人の馬具商の家に生れる。大学在学中から創作,短編集『クラウディアをめぐる物語』 Die Novellen um Claudia (1912) で認められた。第1次世界大戦に従軍,戦場での体験はその後の作家生活に決定的な影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ツワイク
ツワイク
Zweig, Stefan

[生]1881.11.28. ウィーン
[没]1942.2.23. リオデジャネイロ近郊ペトロポリス
オーストリアのユダヤ系作家。富裕な織物工場主の子としてなに不自由ない少年時代を過し,高等学校時代から文才を発揮,20歳のとき詩集『銀の弦』 Silberne Saiten (1901) を発表して文壇に登場。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ツワイク(Arnold Zweig)

[1887~1968]ドイツのユダヤ系小説家。第一次大戦に従軍した体験から「白人たちの大戦争」(「グリーシャ連作」)を生涯にわたり書き続けた。ナチスの台頭でパレスチナに亡命、のちドイツで活躍。ツバイク

ツワイク(Stefan Zweig)

[1881~1942]オーストリアのユダヤ系作家。人道的平和主義の立場を基調とし、特に伝記小説で有名。ナチスの迫害を避けて、ブラジルに亡命し、自殺。作「ジョセフ=フーシェ」「マリー=アントワネット」「昨日の世界」など。ツバイク。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ツワイク

ドイツのユダヤ系小説家。第1次大戦に兵卒として参加。《グリーシャ軍曹をめぐる争い》(1927年)以後のいわゆるグリーシャ連作で第1次大戦の全貌(ぜんぼう)を描き出した。

ツワイク

オーストリアのユダヤ系作家。新ロマン派の詩人として出発,多くの小説,戯曲,評論を書いたが,国際的な知識人であり,J.フーシェマリー・アントアネットエラスムスバルザックらの伝記小説に特色を発揮。
→関連項目伝記

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ツワイク【Arnold Zweig】

1887‐1968
ドイツの作家。シュレジエン地方グローガウ(現,ポーランド領)でユダヤ系の家に生まれる。審美主義的小説《クラウディアをめぐる物語》(1912)で認められる。第1次大戦を工兵として,また東部司令部付き通信員として体験。ロシア兵捕虜を人違いとわかりつつ軍の権威のために処刑した事件を扱う小説《グリーシャ軍曹をめぐる争い》(1927)が国際的反響をよぶ(1929年アメリカで映画化)。さらに《1914年の若い女》(1931),《ベルダンでの教育》(1935),《ある王の即位》(1937),《砲火とだえて》(1954),《機は熟す》(1957),《氷が砕ける》(未完)と生涯書き続けたこの連作(《白人の大戦争》と総称)は,第1次大戦についての〈百科事典〉と呼ばれたほど,多面的に戦争を分析した大規模な作品である。

ツワイク【Stefan Zweig】

1881‐1942
オーストリアの作家。富裕なユダヤ人実業家の子としてウィーンに生まれた。新ロマン主義の詩人として文学的な出発をしたが,その活動はすこぶる多角的で,詩,戯曲,翻訳,小説,評論,伝記など,文学のほとんどあらゆる分野にわたっている。文学的にはホフマンスタール,ベルハーレン,フロイトらの影響を受け,ロマンロランとは第1次大戦中にスイスで親交を結び,共に平和運動にたずさわった。作家としてだけではなく,国際的な知識人,代表的ヨーロッパ人としても彼の存在は重きをなした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ツワイクの関連キーワードエーレンシュレーガーオパバシュレジエンシュレジエン戦争テレージエンシュタットドイツの小さな町ポイカート上シュレジエン下シュレジエンシュレジエン炭田

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone