コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アップフィールド Arthur William Upfield

1件 の用語解説(アップフィールドの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アップフィールド【Arthur William Upfield】

1888‐1964
オーストラリアの推理作家。イギリス生れ。1911年オーストラリアに渡る。30余の作品群で,ナポレオンボナパルト(ボニー)というアボリジニー(オーストラリア先住民)の母と白人の父とから生まれた混血警部を活躍させ,国内はもとより英米でも定評を得ている。27年処女作に手を染めるまでは,奥地を牧童(スワッグマン)として渡り歩いたので,作中世界には広大を極めた奥地の生活・風物が活写されているだけでなく,それらの一部が事件の原因,捜査の手がかりなどにも巧みにとり入れられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アップフィールドの関連キーワードウィルヘルムマルクス兄弟少年犯罪水俣病ウィルヘルム[1世]ヴァン・ヴォルクンバーグオリファントハラタマファビウス二葉亭四迷

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone