コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アテトーゼ athetosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アテトーゼ
athetosis

アテトーシスともいう。手や足の指または,顔面,舌などに,目的のないゆるやかな,うごめくような不随意運動が繰返される状態。子供に多く,舞踏病と区別できないものもある。両側性と一側性がある。このほかに症候性アテトーゼといって,脳性麻痺脳卒中後遺症としてみられるものがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のアテトーゼの言及

【アテトーシス】より

…アテトーゼAthetoseともいう。手足に生ずるゆっくりとした不随意運動の一つで,脳性麻痺のアテトーシス型にしばしばみられる。…

※「アテトーゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アテトーゼの関連キーワード(脳性)運動障害のタイプ錐体外路症候群メフェネシンジスキネジー異常運動疾患定位脳手術視床症候群脳性まひ核黄疸痛風

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android