アテネ公国(読み)アテネこうこく

世界大百科事典 第2版の解説

アテネこうこく【アテネ公国】

第4回十字軍に参加したブルゴーニュの封建貴族オトンOthon de la Rocheがアテネ,テーベを中心に建てた国家。1205‐1456年。国制上,アカイア大公国同様フランス封建制を再現したが,より中央集権的であった。オトン(在位1205‐25),ギュイ1世(在位1225‐63)につづき,ジャン1世(在位1263‐80),ギヨーム1世(在位1280‐87),ギュイ2世(在位1287‐1308)のもとで,国威は発揚し,平和裏に騎士文化が栄えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android