コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アテネ公国 アテネこうこく

1件 の用語解説(アテネ公国の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アテネこうこく【アテネ公国】

第4回十字軍に参加したブルゴーニュの封建貴族オトンOthon de la Rocheアテネテーベを中心に建てた国家。1205‐1456年。国制上,アカイア大公国同様フランス封建制を再現したが,より中央集権的であった。オトン(在位1205‐25),ギュイ1世(在位1225‐63)につづき,ジャン1世(在位1263‐80),ギヨーム1世(在位1280‐87),ギュイ2世(在位1287‐1308)のもとで,国威は発揚し,平和裏に騎士文化が栄えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アテネ公国の関連キーワードブルゴーニュバーガンディー複十字ブルゴーニュ大公宮殿ブルゴーニュワインブリュージュの聖血の行列フォンデュ・ブールギニョンヌブールギニョンブルゴーニュ風