コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アテネ公国(読み)アテネこうこく

世界大百科事典 第2版の解説

アテネこうこく【アテネ公国】

第4回十字軍に参加したブルゴーニュの封建貴族オトンOthon de la Rocheがアテネ,テーベを中心に建てた国家。1205‐1456年。国制上,アカイア大公国同様フランス封建制を再現したが,より中央集権的であった。オトン(在位1205‐25),ギュイ1世(在位1225‐63)につづき,ジャン1世(在位1263‐80),ギヨーム1世(在位1280‐87),ギュイ2世(在位1287‐1308)のもとで,国威は発揚し,平和裏に騎士文化が栄えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android