コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アトン賛歌 アトンさんか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アトン賛歌
アトンさんか

古代エジプトの主神であるアトンをたたえる歌。第 18王朝のアメンホテプ4世の宗教改革によって,アモンに代りアトンのみの宗教が唱えられ,アトンの祭祀がヘット・ベンベン (オベリスクの館) の神殿で行われた。その祭祀の司祭は国王のみで,果物などが奉納され,王が神に捧げる壮麗なるアトン賛歌を誦した。その賛歌では,太陽は昔と同様人類の創造者,世界の恩人としてたたえられた。またすべての人々が等しくアトンの子であることが宣言されているのは,アトン信仰を一神教的なものに規定することにより国教的性格を強めようとしたためと思われる。この賛歌は,ナイルの民のみならず,異国の民にも歌われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アトン賛歌の関連キーワードテル・エル・アマルナイクナートン

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android