コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アドバイタ advaita

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アドバイタ
advaita

インド六派哲学の一つであるベーダーンタ学派の説。不二一元論ともいう。絶対者ブラフマンは,いかなる限定も許さない絶対無差別の実在で,最高我とも呼ばれる。最高我は本体において個我と同一のものである。ブラフマンが現実世界に個別的な多数の個我として現れ出ているのは,無明 avidyāのためである。現象界の多様相も無明に基づくもので,勝義には存在しない。それは幻 māyāのごときものである。この無明はアートマンの本性を直観することにより滅ぼされる。個我と最高我の同一性を知れば解脱する。解脱の完全な境界において,個我はブラフマンと合一する。以上の説は,しばしば過去のインドにおける最大の哲学者と称されるシャンカラによって唱えられた。後継者たちは,無明の問題をめぐって論議を行い,いくつかの分派が生じた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のアドバイタの言及

【不二一元論派】より

…インド哲学の主流を成すベーダーンタ学派中の最も有力な,シャンカラ(700ころ‐750ころ)を開祖とする学派。サンスクリットでアドバイタAdvaitaと呼ばれる。この派の哲学的立場は不二一元論(アドバイタバーダadvaitavāda)といわれ,ウパニシャッドの梵我一如の思想を踏まえ,宇宙の根本原理ブラフマンは個人の本体であるアートマンとまったく同一であり,ブラフマンすなわちアートマンのみが実在し,それ以外のいっさいは無明またはマーヤー(幻力)に基づき,あたかも幻影のように実在しない。…

※「アドバイタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アドバイタの関連キーワードマドゥスーダナ・サラスバティーマドゥスーダナ・サラスバティープラボーダ・チャンドローダヤインド哲学/用語ラーマーヌジャ不二一元論派

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android