勝義(読み)しょうぎ(英語表記)paramārtha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勝義
しょうぎ
paramārtha

仏教用語。最もすぐれた道理の意で,仏教の究極的立場に対する呼称。この点で,他の同種の意味をもった言葉,涅槃真如法界実相などと同義語とされる。一般には,世俗と対になる語で,勝義諦世俗諦対称されて,仏教の真理観を表わす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうぎ【勝義】

〘仏〙 最高の真理。世俗・世間の判断を超えた仏教的真理。
その語の本来の意味。第一義。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勝義
しょうぎ

仏教用語。二諦(にたい)の一つ。ことばを超えた究極的な最高の真理のことで、仏教の目ざす悟り、すなわち涅槃(ねはん)をさす。真諦(しんたい)、勝義諦(たい)ともよばれ、日常的な真理である世俗諦(俗諦)に対する。あらゆる日常的な思考の及ばないもので、悟りに到達した者のみが体現することのできる真理とされ、たとえば「不生不滅」などと否定的な用語で表現されることが多い。[江島惠教]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勝義の関連情報