コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナディル[川] Anadyr’

世界大百科事典 第2版の解説

アナディル[川]【Anadyr’】

ロシア連邦の北東端,チュコート自治共和国を流れる川。長さ1150km,流域面積19万1000km2アナディル山脈におこり,ベーリング海のアナディル湾に注ぐ。下流での平均流量は1000m3/s。9~10月に結氷し,5~6月に解ける。流域は未開発であるが,石炭の埋蔵が知られている。1648年にセミョン・デジニョフは流域に越冬小屋をつくった。河口につづくオネメン入江の南岸にアナディル市がある。【渡辺 一夫

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android