コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナムネシス アナムネシスanamnēsis

翻訳|anamnēsis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アナムネシス
anamnēsis

「想起」の意。メノンソクラテスに対し,未知のものを探求する可能性の根拠を問うたとき,ソクラテスミュトスによって1つの仮説を示した。すなわち,魂はその輪廻 (りんね) においてすでにイデアを認識しているから,たとえ忘却していても人間的経験を介して想起することができる。また学ぶこと,原因を推理していくことは実はこの想起にほかならないというのである (『メノン』 80~81) 。こうしてアナムネシスは,プラトンにより初めて認識論的意義を与えられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アナムネシスの関連情報