コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナルコ・サンディカリズム anarcho-syndicalism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アナルコ・サンディカリズム
anarcho-syndicalism

労働組合などを基盤とする運動を通じて,無政府社会の実現をはかろうとする思想ないし運動。アナーキズムテロリズムに走って大衆基盤を喪失したのち,サンディカリズムと結びついた。しかし第1次世界大戦前後の時期において注目されただけで,まもなく衰微した。日本においても,明治末から大正期にかけて幸徳秋水大杉栄によって提唱された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アナルコ・サンディカリズムの関連キーワードフロレス・マゴンアナ・ボル論争亀戸事件荒畑寒村

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android