コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幸徳秋水 こうとく しゅうすい

美術人名辞典の解説

幸徳秋水

社会主義者。土佐生。本名伝次郎。青年期自由民権運動に触れ、政治家を志す。上京して中江兆民に師事。「万朝報」記者時代に社会主義研究会に入会、日本で最初の社会主義政党である社会民主党を結成する。日露戦争反対を説いて退社、堺利彦平民社を興し「平民新聞」を刊行する。次第に無政府主義に傾き、弾圧の厳しさが増すにつれ文筆活動に専念したが、明治四三年大逆事件に連座した。明治44年(1911)歿、41才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうとく‐しゅうすい〔カウトクシウスイ〕【幸徳秋水】

[1871~1911]社会主義者。高知の生まれ。名は伝次郎。中江兆民門下。明治34年(1901)社会民主党を結成、即日禁止される。日露戦争に反対し、堺利彦と「平民新聞」を創刊。のち、渡米。帰国後アナーキズムを主張。大逆事件検挙主犯として死刑になった。著「廿世紀之怪物帝国主義」「社会主義神髄」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

幸徳秋水【こうとくしゅうすい】

明治の社会主義者。名は伝次郎。高知県生れ。1887年上京,保安条例で東京を追われ,大阪で中江兆民に師事。《中央新聞》《万朝報》などの記者となり,社会主義に接近。
→関連項目荒畑寒村大杉栄片山潜上司小剣管野スガ黒岩涙香クロポトキン自由新聞白柳秀湖田添鉄二直言日本社会党反戦運動平民社団団珍聞

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

幸徳秋水 こうとく-しゅうすい

1871-1911 明治時代の社会主義者。
明治4年9月23日生まれ。中江兆民に師事。日露戦争開戦時には週刊「平民新聞」を創刊し,反戦論を展開。のちクロポトキンなどの影響で無政府主義思想をいだく。明治43年天皇暗殺計画の首謀者として検挙され(大逆事件),44年1月24日処刑された。41歳。高知県出身。本名は伝次郎。著作に「社会主義神髄」など。
【格言など】原稿の書きかけが監獄内に散乱しているから,一度監房に戻して貰いたい(刑の執行をつげられて)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

幸徳秋水

没年:明治44.1.24(1911)
生年:明治4.9.23(1871.11.5)
明治期の社会思想・運動家。高知県中村町の薬種業,酒造業篤明と多治の次男として生まれる。本名は伝次郎で,秋水は師・中江兆民から授かった号である。生後1年たらずで父を失い,維新の社会変動のなか家業も没落し,しかも生来病気がちで満足な教育を受けられなかったことが,秋水をして不平家たらしめ,他面では理想主義に向かわせた。高知県という土地柄もあり,幼くして自由民権思想の影響を受けた。明治21(1888)年より中江兆民のもとに寄寓し,新聞記者となることを目ざし,『自由新聞』『中央新聞』に勤めた。『万朝報』記者時代(1898~1903),社会主義研究会,社会主義協会の会員となり,社会主義者としての宣言を行う。34年5月,日本で最初の社会主義政党である社会民主党の創立者のひとりとして名を連ねた。秋水の著作『社会主義神髄』(1903)は当時の社会主義関係の著書としては最も大きな影響を与えた。36年,日露戦争を前にして戦争反対を唱え,堺利彦と平民社を結成。平和主義,社会主義,民主主義を旗印として週刊『平民新聞』を刊行したが,38年筆禍で5カ月間入獄。出獄後渡米し,権威的社会主義を否定し,クロポトキンなどの影響を受けて無政府共産主義に傾く。39年帰国。43年,説くところの政治的権力と伝統的権威を否定する思想,並びに労働者による直接行動の提唱が,宮下太吉らの明治天皇暗殺計画に結びつけられ,いわゆる大逆事件の首謀者とみなされ,絞首刑に処せられた。<著作>『廿世紀之怪物帝国主義』『基督抹殺論』『幸徳秋水全集』<参考文献>飛鳥井雅道『幸徳秋水』,神崎清『実録幸徳秋水』,大原慧『幸徳秋水の思想と大逆事件』,塩田庄兵衛『幸徳秋水』

(山泉進)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうとくしゅうすい【幸徳秋水】

1871‐1911(明治4‐44)
明治期の社会主義者。高知県生れ。本名伝次郎。土佐の自由民権運動の熱気のなかで育つ。17歳で上京したが,保安条例により東京を追放され,大阪で中江兆民の学僕となる。主権在民思想や抵抗権・革命権の思想を兆民から受け継ぐだけでなく,人格的感化も大きく,文章家としての資質もみがかれた。再び上京して国民英学会卒業後,各地の新聞記者生活を経て,1898年《万朝報》に入社するころから社会主義思想に関心を寄せ,社会主義研究会に入会した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうとくしゅうすい【幸徳秋水】

1871~1911) 社会主義者。本名、伝次郎。高知県生まれ。「万朝報」記者。日露戦争に反対し、平民社をおこして「平民新聞」を刊行。のち無政府主義者となり、大逆事件の主謀者とされて処刑された。著「社会主義神髄」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幸徳秋水
こうとくしゅうすい

[生]明治4(1871).9.22. 高知,中村
[没]1911.1.24. 東京
社会運動家,無政府主義者。本名は伝次郎。林有造の書生となり,林包明の英学館に学ぶ。 1887年保安条例で東京を追われ,大阪で同郷の先輩中江兆民に師事,その思想的影響下に唯物論を学ぶ。のち上京して『自由新聞』『広島新聞』『中央新聞』『万朝報』の記者として活躍。 97年社会問題研究会の創立頃から社会主義運動にたずさわり,1901年堺利彦,安部磯雄,片山潜らとともに日本社会民主党を結成,即日禁止される。日露風雲急となるや『万朝報』によって非戦論を主張,日露開戦するや週刊『平民新聞』を発刊し反戦論を展開した。また同紙上に『共産党宣言』を初めて邦訳掲載した。 05年『平民新聞』の筆禍事件により新聞紙条例違反に問われ禁錮5ヵ月に処せられる。弾圧により平民社を解散後,05~06年にかけて半年間の渡米により社会主義より無政府主義への思想的変化を完了し,帰国後,片山潜らの議会主義に反対し直接行動を主張,このため両派は 07年日本社会党第2回大会で分裂。のち神田錦輝館の赤旗事件から純然たる無政府主義運動に入り,第2次桂内閣の大弾圧による大逆事件に連座,検挙され絞首刑となる。著書『廿世紀之怪物帝国主義』 (1901) ,『社会主義神髄』 (03) ,『平民主義』『基督抹殺論』ほか。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

幸徳秋水
こうとくしゅうすい
(1871―1911)

明治時代の社会主義者。明治4年9月22日高知県に生まれる。本名伝次郎(でんじろう)。酒造兼薬種業の家に育ち、聡明(そうめい)で神童といわれた。11歳ごろから自由民権運動に強い関心を抱き、1887年(明治20)上京して林有造(ゆうぞう)の書生となる。同年末保安条例発布で東京を追放され帰郷。88年11月大阪で中江兆民(ちょうみん)の学僕となり、その思想的、人格的感化を受ける。兆民も幸徳の才能を見抜き、「秋水」の号を贈る。91年4月ふたたび上京し、国民英学会を卒業する。『自由新聞』『広島新聞』『中央新聞』を経て、98年2月『萬朝報(よろずちょうほう)』に入社。同年11月社会主義研究会に入り、99年10月結成の普通選挙期成同盟会では片山潜(せん)らとともに幹事となる。1900年(明治33)8月立憲政友会の創立に際し、兆民の依頼で激烈な「自由党を祭る文」を『萬朝報』に発表し、01年4月『廿世紀(にじっせいき)之怪物帝国主義』を著し「軍人的、空威張(からいばり)的飴細工(あめざいく)的帝国主義」の実態を鋭く指摘する。同年5月安部磯雄(あべいそお)、木下尚江(きのしたなおえ)らと社会民主党を結成するが即日禁止される。7月内村鑑三(かんぞう)らと萬朝報社内に理想団を結成。12月足尾鉱毒問題で奔走する田中正造(しょうぞう)の依頼で直訴文を起草する。03年7月社会主義の目ざす方向とその実現方法を論じた『社会主義神髄』を刊行し、10月、日露開戦論に転じた萬朝報を堺利彦(さかいとしひこ)、内村とともに退社、11月堺らと平民社を結成して週刊『平民新聞』を発刊する。04年3月「与露国社会党書」を発表、日露両国労働者階級の連帯を訴える。11月堺とともに『共産党宣言』を訳載する。05年2月新聞紙条例違反で禁錮5か月の刑を受け入獄、獄中でクロポトキンの無政府主義思想に強い影響を受ける。
 出獄後保養を兼ねて渡米、ロシア社会革命党員フリッチ夫人の感化を受け、1906年6月岩佐作太郎(さくたろう)らと社会革命党を結成する。帰国後、日本社会党の歓迎会で「世界革命運動の潮流」を演説。さらに07年2月、日刊『平民新聞』に「余が思想の変化」を発表して労働者のゼネストによる直接行動論を展開、同月の日本社会党第2回大会で田添鉄二(たぞえてつじ)の議会政策論と激しく対立する。9月堺、山川均(ひとし)らと金曜会を結成。病気保養のため帰郷、クロポトキンの『麺麭(パン)の略取』翻訳に従事する。赤旗事件の報に接して08年8月上京、管野(かんの)すがと恋愛、同棲(どうせい)し、09年5月『自由思想』を発刊するが、発禁となり運動も停滞する。10年6月いわゆる大逆(たいぎゃく)事件に連座して検挙され、天皇暗殺計画の主謀者として明治44年1月死刑を宣告され、24日処刑された。[荻野富士夫]
『『幸徳秋水全集』9巻・別巻2巻(1966~72・明治文献) ▽絲屋寿雄著『幸徳秋水研究』(1967・青木書店) ▽大原慧著『幸徳秋水の思想と大逆事件』(1977・青木書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の幸徳秋水の言及

【アナーキズム】より

…この後に直接的テロ行動と,アナルコ・サンディカリスム運動との一時期が続くが,19世紀末におけるアナーキズム理論の集大成者はクロポトキンであり,彼は〈無政府共産制〉という標語で平等思想を徹底させ,明治・大正期の日本にも影響を与えた。 日本では明治30年代末に煙山専太郎や久津見蕨村によって無政府主義の紹介がなされているが,社会運動の中でそれを推進したのは,クロポトキンとも文通して1908年に《麵麭(パン)の略取》を翻訳公刊した幸徳秋水や大杉栄らである。このグループは1907年以来〈直接行動派〉と呼ばれるが,20年代初頭のアナ・ボル論争を経て勢力は衰退し,大正末から昭和初めにかけては無産運動の周辺部にとどまった。…

【管野スガ】より

…社会主義思想に近づき1904年平民社に堺利彦を訪ね,やがて紀州田辺の《牟婁新報》に入り,ここで荒畑寒村と結婚。08年赤旗事件で投獄されたのち幸徳秋水と恋愛同棲し,アナーキズムに共鳴,09年《自由思想》の発行に協力するが,発禁となる。天皇制政府のきびしい弾圧の下で直接行動に傾き,宮下太吉らと天皇暗殺を謀ったが,10年発覚し,翌年幸徳らとともに刑死(大逆事件)。…

【サンディカリスム】より

…このほか労働者の組織化を図ったアナーキストがサンディカリスム型組合運動の構築を試みた例がドイツ,アメリカ,日本などに見られた。
[日本におけるサンディカリスム]
 幸徳秋水による最初の紹介(1906),大杉栄,荒畑寒村らの〈センジカリズム研究会〉(1913発足)の活動を経て本格的な組合運動が登場したのは1910年代末である。この運動は高度の技能をもって職場を渡り歩く職人型の熟練印刷工,機械工の企業横断的組合を中心に発展し,1920年ころには友愛会にも影響を与えて労働運動内で主導的な位置を占めた。…

【社会民主党】より

…宣言書を掲載した《東京横浜毎日新聞》《労働世界》《万朝報》なども発禁となった。発起人は,安部磯雄,片山潜,河上清,木下尚江,幸徳秋水,西川光二郎の6人で,幸徳を除きすべてキリスト者である。結党の背景には,労働組合期成会(1897結成)を中心とした労働組合運動が1900年治安警察法制定により衰退,期成会中心メンバーの一人の片山らが政治運動によって局面を打開しようとしたことがある。…

【大逆事件】より

…同年12月10日から29日まで大審院特別刑事部は16回の公判を非公開でおこない,11年1月18日判決(これのみ公開,裁判長鶴丈一郎)を宣告した。表のように幸徳秋水(伝次郎)ら24名は大逆罪により死刑,2名は爆発物取締罰則違反の有期懲役で,大審院一審のみの終審となった。翌19日坂本清馬ら12名は明治天皇の特赦により無期懲役に減刑された。…

【中国】より

…おそらく偉大な文明,偉大な思想体系には,相反するものを同時に含んでいるようなところがあるのであろう。わが中江兆民は〈此の(民権自由の)理や漢土に在りても孟軻,柳宗元はやく之を覰破(しよは)せり,欧米の専有に非ざる也〉といい,ルソー,柳宗元を併称しているし,兆民の弟子幸徳秋水ははっきり社会主義者となったのちにも,仏教よりも神道よりも,とりわけ耶蘇教よりも〈予は儒教を好む〉と明言し,かつ自分を社会主義に導いてくれた書物の第一に《孟子》を挙げている。《孟子》の人民主義は君主をみとめているので真の人民主義ではない,民本主義にすぎないという説があるが,納得できない。…

【非戦論】より

…一般に,〈非戦論〉とは日露戦争時に現れた,反戦運動のことを指す。運動としての非戦論は,1900年中国で起こった義和団の蜂起に対し日本が出兵した際,幸徳秋水が〈非戦争主義〉(《万朝報》1900年8月7日)を書いて平和を説き非戦争を唱えたことに始まる。非戦論はその後,日露戦争開戦の危機の中で,人道主義的立場(黒岩涙香の《万朝報》,島田三郎の《毎日新聞》など),キリスト教的立場(内村鑑三,柏木義円,救世軍など),社会主義的立場(幸徳,堺利彦,木下尚江ら)から展開された。…

【平民社】より

…日清戦争後,日本の朝鮮進出と軍事力の強化の中で日露関係は切迫し,対露同志会や七博士の対露強硬意見書(七博士建白事件)が口火となり各新聞論調も挙国一致・主戦に傾いていった。1903年10月堺利彦と幸徳秋水は〈退社の辞〉を掲げて《万朝報》と決別し,約1ヵ月後《平民新聞》(週刊)を発行した。創刊号で〈平民主義,社会主義,平和主義の理想郷に到達せしむるの一機関〉と宣言し,世論に向かって日露非戦の活動を開始した。…

【平民新聞】より

…明治末期に発行された週刊および日刊の新聞。(1)週刊《平民新聞》 1903年11月15日,日露戦争に反対して《万朝報》を退社した幸徳秋水と堺利彦によって創刊された。後に石川三四郎,西川光二郎らが参加したほか,安部磯雄,加藤時次郎,木下尚江,斯波貞吉らが社外から協力した。…

【マルクス】より


[日本との関係]
 マルクスは日本の社会主義運動はもとより,思想界一般に対して強い影響を及ぼしており,その意味において日本と関係の深い思想家である。1903年(明治36)には,幸徳秋水や片山潜によってはやくもマルクスの思想が部分的に紹介され,06年には《共産党宣言》の全訳も出ている。また,07年には山川均によって《資本論》第1巻の紹介が行われている。…

【マルクス主義】より

…しかし,明治初年には,ほとんどもっぱら社会主義を,治安を乱すものという視点で論じていた。 しかし,自由民権運動を経て明治30年代になると,ようやく労働運動も胎動し,1898年には,村井知至,安部磯雄,片山潜,木下尚江,幸徳秋水ら,主としてユニテリアン派のキリスト者による社会主義研究会が結成され,キリスト教社会主義の展開のなかで,マルクスおよびマルクス主義の紹介が行われた。そして,幸徳秋水《廿世紀の怪物帝国主義》(1901),西川光二郎《カール・マルクス》(1902),幸徳秋水《社会主義神髄》,片山潜《我社会主義》(ともに1903)などの著作も刊行された。…

※「幸徳秋水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

幸徳秋水の関連キーワードフレッド・C. ノートヘルファー中江兆民(1847~1901)アナルコ・サンディカリズム高知県四万十市中村山手通師岡 千代子新美卯一郎石川三四郎岡本穎一郎松尾卯一太煙山専太郎西川光二郎成石平四郎師岡千代子小島竜太郎田中貢太郎武田九平安部磯雄岸上克己小田頼造内村鑑三

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

幸徳秋水の関連情報