アハド・ハアム(英語表記)Ahad Ha‐am

  • Ahad Haam

世界大百科事典 第2版の解説

1856‐1927
文化的シオニズムの代表的論客。本名アシェル・ヒルシュ・ギンスベルクAsher Hirsch Ginsberg。ロシアのキエフ地方に生まれ,オデッサでアハド・ハアムすなわち〈民族のひとり〉の筆名のもとユダヤ民族の精神的・文化的中心としてパレスティナを建設することを主張し,単なる政治的組織としてのユダヤ人国家の実現をめざすヘルツルらの政治的シオニズムには批判的であった。ロシアのシオニストに大きな影響を及ぼした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android