コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルツル Herzl, Theodor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘルツル
Herzl, Theodor

[生]1860.5.4. ブダペスト
[没]1904.7.3. エルラハ
オーストリアのユダヤ人ジャーナリスト。シオニズム運動の創始者。『新自由新聞』通信員としてパリに滞在中,ドレフュス事件に接し,ユダヤ人排斥が行われていることに強い衝撃を受け,ユダヤ人の団結を志した。 1896年『ユダヤ人国家』 Der Judenstaatを著わして,ユダヤ人問題は,他民族との同化でなく,民族的問題であり,組織的・政治的行動によるユダヤ人国家建設以外にないと主張,シオニズム運動の創始者となった。 97年バーゼルで第1回シオニスト大会を開催し,ユダヤ人のナショナル・ホームをパレスチナに建設するという目標と,「国際シオニスト連合」の結成を決議。機関紙『世界』 Die Weltを発行。主権国たるトルコ政府と交渉したが具体化せず,98年イギリスおよびエジプト政府とのシナイ半島譲渡の交渉も失敗。 1903年には,イギリスがイギリス領東アフリカ (現ウガンダ) を提供したが,シオニスト内部で意見が分れ運動は難航,そのさなかに没した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ヘルツル

シオニズム運動の父。イスラエル建国の最大の貢献者。ブダペストの裕福なユダヤ人家庭に生まれ,ジャーナリストとなる。ユダヤ問題の解決はユダヤ人のヨーロッパ社会への同化にあると考えていたが,1894年のドレフュス事件を機に,ユダヤ人が独自の民族として世俗国家を創設するしか解決の道はないと主張。
→関連項目ワイツマン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘルツル【Theodor Herzl】

1860‐1904
ジャーナリスト,シオニズム運動の指導者で,〈シオニズムの父〉と呼ばれる。ブダペストの裕福なユダヤ人の家庭に生まれ,ウィーンの《ノイエ・フライエ・プレッセNeue Freie Presse》紙のパリ特派員となる。みずからヨーロッパの社会と文化に完全に同化し,ユダヤ人はヨーロッパ社会に吸収され消滅すべきであると考えていたヘルツルは,1894年ドレフュス事件に衝撃を受け,96年に刊行された《ユダヤ人国家Der Judenstaat》で,ユダヤ人問題の解決は同化によってではなく,ユダヤ人が独自の民族として独自の国家を創設することによってのみ解決できると説いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ヘルツル【Theodor Herzl】

1860~1904) オーストリアの新聞記者・作家。1896年「ユダヤ人国家」を著してユダヤ人国家の建設を主張、翌年第一回シオニスト会議を開催、シオニズム運動を発足させた。小説「旧新帝国」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘルツル
へるつる
Theodor (Binyamin Ze'ev) Herzl
(1860―1904)

オーストリアのジャーナリスト、近代政治的シオニズム運動(ユダヤ民族郷土建設運動)の父。世界シオニスト会議の創設者。ブダペストに生まれ、ウィーン大学で法学を学ぶ。ジャーナリストとして1894年パリでドレフュス事件を取材し、反ユダヤ主義的偏見をつぶさに体験した。2年後小冊子『ユダヤ人の国――ユダヤ人問題の現代的解決法』(1896)を著す。1897年には第1回世界シオニスト会議をバーゼルで開催、「公法で保証された一郷土をパレスチナに創建」することを主唱して、その後のシオニズム運動の方向を決定づけた。[石川耕一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヘルツルの言及

【イスラエル[国]】より

… 19世紀後半にシオニズム運動が興ったのは,一つには世界各地に興ったナショナリズム運動に影響されたからであるが,一つにはロシアおよび東ヨーロッパでポグロムと呼ばれるユダヤ人排撃運動が激しくなったためでもある。シオニズム運動を政治的に組織化したのはウィーンのジャーナリスト,テオドール・ヘルツルで,彼は1897年,スイスのバーゼルで世界シオニスト機構を結成した。当時パレスティナを含むアラブ東部世界はオスマン・トルコ帝国の支配下にあったが,第1次世界大戦中にイギリスは,ドイツに荷担して敵国となったトルコの勢力をそぐため,一方では1915年にアラブの指導者であったメッカのシャリーフ(太守)フサインにアラブの独立を約束してトルコへの反乱をそそのかし(フサイン=マクマホン書簡),他方17年には戦争への在欧米ユダヤ人の支持を得たいというねらいもあって,パレスティナにユダヤ人の〈民族的郷土〉を樹立することを支持する旨の宣言(バルフォア宣言)を発した。…

【シオニズム】より

シオンはエルサレムをさす古い呼称で,パレスティナを父祖以来の約束の地とし,同地へのユダヤ人の移住を〈離散からの帰還〉として考える観念は,ユダヤ教の最も重要な信仰内容に属する。その意味では,19世紀後半にシオニズム(ヘルツルの盟友ビルンバウムNathan Birnbaum(1864‐1937)の命名によるとされる)の名のもとに起こったこの運動はユダヤ教の伝統の継承・発展とみることができる。しかし〈離散からの帰還〉はまた,キリスト教におけるキリストの再臨と同じように,本来は,人間の力では実現不可能なものであり,神意にのみすがろうとする敬虔な祈り以上のものではなかった。…

【ヒルシュ】より

…晩年その富を注いで〈ユダヤ人植民組織Jewish Colonization Organization〉を設立し,ロシア各地にユダヤ人のための職業訓練学校をたて,おもにアルゼンチンに向けてユダヤ人移民を送り出した。シオニズム運動の指導者ヘルツルの〈ユダヤ人国家〉構想には冷淡で援助を拒否し,ヘルツルもまたヒルシュの活動を単なる慈善事業と批判した。【下村 由一】。…

【ユダヤ教】より

…19世紀後半,帝政ロシア末期の混乱の中で,ユダヤ人を無差別に殺戮(さつりく)するポグロムが広がったため,多数のユダヤ人がアメリカに逃げた。同時に,ユダヤ民族主義シオニズムが勃興し,それをT.ヘルツルが政治運動に組織した。第1次大戦後,ヒトラーのナチス・ドイツは,組織的アンチ・セミティズム政策により,ユダヤ人600万人を殺戮した。…

※「ヘルツル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘルツルの関連キーワードイスラエル ザングウィル世界シオニスト機構アハド・ハアムヘルツルの丘ザングウィルユダヤ演劇世界の国旗ヘルツリヤ記憶の丘ノルダウヒルシュ5月2日

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘルツルの関連情報