シオニズム(英語表記)Zionism

翻訳|Zionism

精選版 日本国語大辞典 「シオニズム」の意味・読み・例文・類語

シオニズム

〘名〙 (Zionism) 古代ローマ軍にパレスチナを追われて以来、世界各地に離散していたユダヤ民族が、母国への帰還をめざして起こした民族国家建設のための運動。一九世紀末から盛んとなり、一九四八年、パレスチナにおけるユダヤ人国家イスラエル共和国を建設、目的をいちおう達成した。シオン運動。シオン主義。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「シオニズム」の意味・読み・例文・類語

シオニズム(Zionism)

ユダヤ人の、パレスチナ回復・祖国建設を目ざした運動。19世紀末、迫害の中から具体化し、1917年英国のバルフォア宣言がその主張を認め、1948年のイスラエル建国で一応の目的を達した。シオン主義。→シオン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「シオニズム」の意味・わかりやすい解説

シオニズム
Zionism

ユダヤ人を独自の民族とみなし,ユダヤ人差別・迫害の究極的克服をユダヤ人国民国家の建設によって達成しようとする運動をいう。シオンエルサレムをさす古い呼称で,パレスティナ父祖以来の約束の地とし,同地へのユダヤ人の移住を〈離散からの帰還〉として考える観念は,ユダヤ教の最も重要な信仰内容に属する。その意味では,19世紀後半にシオニズム(ヘルツルの盟友ビルンバウムNathan Birnbaum(1864-1937)の命名によるとされる)の名のもとに起こったこの運動はユダヤ教の伝統の継承・発展とみることができる。しかし〈離散からの帰還〉はまた,キリスト教におけるキリストの再臨と同じように,本来は,人間の力では実現不可能なものであり,神意にのみすがろうとする敬虔な祈り以上のものではなかった。むしろその願いが深ければ深いほど,これを人間の努力によって実現しようとするのは神に対する冒瀆でさえあった。その限りでは,シオニズムはユダヤ教の伝統への反逆であり,革新の思想でもあった。

 伝統の継承とこれへの反逆という二面性は,19世紀ヨーロッパ思想に対するシオニズムの関係についても指摘できる。一方で,それはナショナリズムの受容という点でまさに19世紀ヨーロッパの正統な子でありながら,他方,ユダヤ人の西ヨーロッパ社会への同化によるユダヤ人問題の解決という19世紀自由主義の基本的立場の否定であり,これへの挑戦でもあった。さらにまた,この運動は,ユダヤ人国家の創出というナショナル(国民的)な目標を,諸国に居住するユダヤ人のインターナショナル(国際的)な連帯によって(ドイツのシオニスト,ボーデンハイマーMax Isidor Bodenheimer(1865-1940)の用いたスローガン〈万国のシオニストよ,団結せよ!〉によく表れている)実現していこうとする,それ自体二面的な性格をもつ運動でもあった。このようにシオニズムは,ユダヤ人国家の創出という目標だけを共通項とする,多様な理念と傾向によって担われる運動であるといえよう。ユダヤ人国家の建設という考え方それ自体を見ると,16世紀以来キリスト教徒の立場からこれを唱えた人びとは決して少なくない。またナポレオン1世は政治的・戦略的関心からこれに興味を寄せた。しかし,ユダヤ人国民国家の建設は,ヨーロッパにおける最後の民族問題の解決を意味すると考えた最初の思想家はモーゼス・ヘス(《ローマとエルサレム》1862)であった。

 しかし,この思想が具体的に組織されたかたちをとるにいたったのは,19世紀末ロシアにおいてである。1881-82年の激しいユダヤ人迫害(ポグロム)の波とツァーリズム政府の反動的な政策は,ユダヤ人解放の望みを打ち砕いた。ここに始まったユダヤ人の西ヨーロッパおよびアメリカへの大量移住と,因襲的・封鎖的なユダヤ人ゲットー社会の崩壊の開始とともに,ユダヤ人知識人のあいだにナショナリズムと同時に社会主義,さらに一種のロマン主義の混合し合った思想がひろがり,その具体的な実践としてピンスカー,スモレンスキンPerets Smolenskin(1842-85)の呼びかけで青年・学生らによる〈シオンへの愛〉の運動が生まれた。彼らは小集団でパレスティナへ移住し,そこにユダヤ人入植地を建設しようとした。この運動に依拠しつつ,同時にこれを批判しながら,アハド・ハアムは,ユダヤ民族の観念を鮮明に打ち出し,その精神的・文化的中心をパレスティナに求めた。

 ヘブライ語の復活をはじめユダヤ人の伝統文化の再活性化こそユダヤ人国家建設の基礎であり,また新国家の課題でもあると考える,この文化的あるいは精神的シオニズムに対し,ヘルツルら西ヨーロッパ諸国の社会にみずからは同化し,ユダヤ人文化とユダヤ教に対してはまったく,あるいはほとんどまったく関心をもたず,ユダヤ人国家をロシア,東ヨーロッパのユダヤ人のための〈世界的なゲットー〉(ヘルツル)として,もっぱら政治的な手段によりその建設をはかろうとする人びとの運動は,政治的シオニズムと呼ばれる。ドレフュス事件に衝撃をうけ,同化によってはユダヤ人に対する差別・迫害は克服できないと考えたヘルツルは,《ユダヤ人国家Der Judenstaat》(1896)で,ユダヤ人国家の建設を構想するにいたったが,彼の場合,パレスティナはあくまで選択の一つの可能性でしかなく,むしろ一時期アフリカのウガンダでの国家建設を真剣に検討したことは特徴的である。シオニズム運動は,バーゼルでの第1回シオニスト会議(1897)により世界シオニスト機構を設立して組織的統一を果たし,ヘルツルをその指導者としたが,第1次世界大戦以前はユダヤ教徒のなかでも,少数者の夢想とあざけられ,神に対する冒瀆と非難され,あるいは反ユダヤ主義を刺激するものと批判され,少数者の運動でしかなかった。

 それが〈パレスティナでのユダヤ人の民族的郷土national home樹立に賛成する〉というイギリス政府のバルフォア宣言(1917)によって,にわかに国際政治における有力な要素となるにいたったについては,東方問題をめぐる帝国主義列強の角逐との関連を見のがすことはできない。同宣言の成立はワイツマンらの努力によるところ大であったとはいえ,イギリスがドイツとの戦争においてその戦略的優位を確保し,またフランスをおさえ,さらにアラブ・ナショナリズムを牽制しようとするための帝国主義戦争遂行上の政策の一環をなすものであった。第1次大戦後,反ユダヤ主義の再燃,とくにナチズムの成立とこれによるユダヤ人迫害,さらにはその大量虐殺はシオニズムの主張の正当性を裏づけたかたちとなり,パレスティナへの移住は大いに促進された(1925年の移住者10万8000人,35年30万人)。同時にアメリカ系資本の導入によって,パレスティナのユダヤ人社会の経済的安定がはかられた。これと並んで,19世紀末以来すすめられてきたキブツによる集団入植が,独自の理念と文化を築き,シオニズム運動の重要な要因となった。

 1948年イスラエル国家の成立により,シオニズムの目標は達成されたが,宗教原理に基づくこの国家の基本的性格をめぐる議論,国内でのヨーロッパ系市民(アシュケナジム)の支配による事実上の人種差別の問題,パレスティナ問題,アラブ・ナショナリズムとの対立の問題,国際共産主義運動とシオニズムとの関係等,その直面する状況はなお複雑である。シオニズムは,ヨーロッパにおけるユダヤ人問題を,これを輸出することによって解決しようとしたが,かえってこの問題を全世界的規模にまで拡大したとみることができるであろう。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「シオニズム」の意味・わかりやすい解説

シオニズム
しおにずむ
Zionism

19世紀末、ヨーロッパで始まったユダヤ人国家建設を目ざす思想および運動。シオンは聖地エルサレム南東にある丘の名。ユダヤ人がその地を追放されて離散の歴史をたどるという『旧約聖書』の記述中の「シオンの地」は、宗教的迫害を味わってきたヨーロッパのユダヤ教徒にとって解放への希求とあわさって象徴的意味をもっていた。19世紀後半、帝政ロシアを中心に高まってきたユダヤ教徒迫害(ポグロム)の嵐(あらし)のなかで、シオンの地という宗教的象徴性に「ユダヤ人」国家という現実的領土の概念を重ね合わせるシオニズムが誕生した。ユダヤ民族国家実現への取り組みは1897年、ハンガリー出身のテオドール・ヘルツルTheodor Herzl(1860―1904)によって準備された、スイスのバーゼルにおける第1回世界シオニスト会議で具体化した。同会議は、「ユダヤ民族のためにパレスチナに公法で認められた郷土(国家)を建設する」ことを決議した。第一次世界大戦中の1917年、パレスチナにおけるユダヤ人の郷土建設に対する保障(バルフォア宣言)をイギリスから引き出したシオニズムは、パレスチナがイギリス委任統治領となる1920年以降、ユダヤ人入植を推進した。30年代、ナチズムのユダヤ人虐殺は入植に拍車をかけ、一方、現地パレスチナでは、シオニスト機関によって、非ユダヤ教徒アラブ住民に対する土地没収や労働機会の締め出しが推し進められ、シオニズム勢力とアラブとの対立はイギリス委任統治を動揺させるほど激化した。

 1940年代に入りシオニズムは、アメリカの支援をよりどころに、ユダヤ人国家承認に向けて国際的根回しを図り、47年、イギリス委任統治終了後のパレスチナにユダヤ人、パレスチナ人双方に主権を与えるという国連パレスチナ分割決議を手にした。48年5月15日、イギリス委任統治終了の翌日にイスラエル国家が樹立され、シオニズムは目的を達成した。建国に先だち、シオニズム武装組織はアラブ住民に対するテロ・虐殺を行って人々を逃亡へと駆り立て、「無人化」したアラブ村落を併合し、ユダヤ人国家の膨張を企てた。そうした企ては、ユダヤ教徒以外を容認しない宗教的排他的民族主義であるシオニズムの当然の帰結であった。シオニズムはイスラエル建国後も国家イデオロギーの支柱であり続ける。それは、シオニスト改訂派(後のリクード)のような、「イスラエルの地(エレツ・イスラエル)回復」という宗教的熱狂に駆り立てられ、武力によって際限なく領土拡張意欲を満たそうとする運動潮流において典型的である。

[藤田 進]

『板垣雄三編『ドキュメント現代史13 アラブの解放』(1974・平凡社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「シオニズム」の意味・わかりやすい解説

シオニズム

ユダヤ人を〈民族〉と見なして,その差別からの解放をユダヤ人による国民国家の形成によって達成しようとする運動。名はシオンに由来し,ユダヤ教の〈約束の地〉とされるパレスティナへの移住を行った。政治的運動として興ったのは19世紀に入ってからで,1897年ヘルツルによるシオニスト機構の結成で世界的に拡大した。1917年バルフォア宣言で英国政府がこの運動を支持した結果,1948年イスラエル共和国の成立をみた。
→関連項目アシュケナジムエルサレムキブツツワイクネイミアパレスティナ問題ブーバーヘブライ語ベン・グリオンメイアユダヤ人ワイツマン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「シオニズム」の意味・わかりやすい解説

シオニズム
Zionism

ユダヤ人の民族国家をパレスチナに樹立することを目指した運動。近代シオニズムは,19世紀のヨーロッパ民族主義の高まり,反セム主義の存続と強化および現地社会への完全な同化の不可能なことへの失望から出てきた。シオニズムの父祖と呼ばれる人たちに M.ヘス,L.ピンスカーおよび T.ヘルツルなどがいる。ヘルツルは,フランスで起きたドレフュス事件と反セム主義の台頭に直面して,シオニズム運動を起したが,現地社会への同化を望むユダヤ人や,社会主義によってユダヤ人問題を解決しようとするロシアのブント派に属するユダヤ人から激しい批判を受けた。ヘルツルは 1904年に死亡するまで,オスマン帝国からパレスチナにユダヤ人国家をつくる許可を取付ける努力を重ねると同時に,他方においてパレスチナ以外でユダヤ人が国をつくる場所を捜しウガンダをその候補地として検討した。 10年以来,シオニストはパレスチナへの本格的な移民の斡旋に乗出した (「実践的」シオニズム) 。第1次世界大戦に際しては,バルフォア宣言を発表したイギリスを支持した。 22年に国際連盟理事会でイギリスのパレスチナ委任統治が承認されると,その前文にパレスチナにユダヤ人の民族的郷土を建設することが組入れられた。しかし,民族的郷土が何を意味するかをめぐってシオニストの間で論争が起き,ユダヤ国家を建設するとする立場と,ユダヤ文化の中心地をつくればよいとする立場に分れた。 42年にはパレスチナにユダヤ人自治区をつくるという主張が有力となった (ビルトモア計画) 。しかし,V.E.ヤボチンスキーや M.ベギンらの修正シオニストは,トランスヨルダンを含めた大パレスチナにユダヤ人国家を建設すると主張し,シオニスト主流派に抵抗した。 1930年代にシオニズム運動は自立可能な国家のための基礎を築き,その結果 48年5月 14日イスラエル共和国が樹立され,シオニズムの目標は達成された。しかし,先住民族のパレスチナ人への十分な配慮を欠いたユダヤ民族国家の成立は,パレスチナ問題という難問をもたらすことになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

山川 世界史小辞典 改訂新版 「シオニズム」の解説

シオニズム
Zionism

シオンとはイェルサレムの雅名で,シオニズムとはこの名にちなんでユダヤ人の国家を聖地パレスチナに建設しようとする運動をさす。政治運動となったのは19世紀であり,1897年バーゼルで第1回シオニスト大会が開かれ,諸国への働きかけが続けられた。1917年バルフォア宣言に力づけられて多数のユダヤ人がパレスチナに移住し,第二次世界大戦後,この地にイスラエル国が誕生した。

出典 山川出版社「山川 世界史小辞典 改訂新版」山川 世界史小辞典 改訂新版について 情報

知恵蔵 「シオニズム」の解説

シオニズム

19世紀末以来のユダヤ人国家を建設しようという運動。その創始者として知られるのが、オーストリアのユダヤ系ジャーナリスト、セオドール・ヘルツルである。当初は東アフリカに国家を樹立する案などもあったが、結局はユダヤ人が祖先の地とみなすパレスチナが候補地として選ばれた。エルサレムの別名である「シオン」の地に戻ろうとする運動ということで、シオニズムと呼ばれる。1948年にイスラエルが成立すると、この運動は国家の樹立という一応の目的を達成した。

(高橋和夫 放送大学助教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

旺文社世界史事典 三訂版 「シオニズム」の解説

シオニズム
Zionism

ユダヤ人の祖国回復運動
前1000年ごろダヴィデが居城を建てたというイェルサレム付近のシオンの丘の名にちなみ,パレスチナにユダヤ人国家を建設しようとする運動。反ユダヤ運動に刺激され,1897年,ヘルツェルがシオニスト団を結成して世界に拡大した。1948年のイスラエル共和国の成立でいちおう目的を達成したが,アラブの民族主義を刺激し,パレスチナ戦争をへて,1967・73年の中東戦争に発展した。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典(旧版)内のシオニズムの言及

【パレスティナ】より

… 17年11月のバルフォア宣言は,パレスティナにユダヤ人の民族的郷土(ナショナル・ホーム)を樹立する計画に対し,イギリス政府が支持を与えるものであったが,パレスティナの地域的枠組みは,同宣言を実行すべき場として,むしろ後から組み立てられたものなのであった。ここからパレスティナをエレツ・イスラーエール(イスラエルの地)として理解する立場も生じるが,シオニスト改訂派をも含むシオニズム運動が聖書における神の〈約束〉に依拠して,その〈約束の地〉(《創世記》12:7,13:15,15:18,28:13)の範囲を現代国際政治における領域問題として議論しようとする傾向をすらもったことにより,パレスティナの範囲はそれ自体20世紀の政治的争点となる。しかし,イギリスによるパレスティナ委任統治(1922‐48)がこうして設定したパレスティナの地域的枠組みを前提として,パレスティナ人という存在や,さらにやがてパレスティナ民族主義が成立してきたのであった。…

【ボロホフ】より

シオニズムと社会主義の統合をめざす労働者シオニズム運動の理念上の先駆者。ウクライナに生まれ,若くしてロシア社会民主党に入党するが,やがて離党してシオニズム運動に参加し,その内部にユダヤ人労働者社会主義民主党(ポアレ・シオンPoale Zion)を創立する上で重要な役割を果たす。…

【ユダヤ教】より

…19世紀後半,帝政ロシア末期の混乱の中で,ユダヤ人を無差別に殺戮(さつりく)するポグロムが広がったため,多数のユダヤ人がアメリカに逃げた。同時に,ユダヤ民族主義シオニズムが勃興し,それをT.ヘルツルが政治運動に組織した。第1次大戦後,ヒトラーのナチス・ドイツは,組織的アンチ・セミティズム政策により,ユダヤ人600万人を殺戮した。…

※「シオニズム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android