コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シオニズム Zionism

翻訳|Zionism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シオニズム
Zionism

ユダヤ人の民族国家をパレスチナに樹立することを目指した運動。近代シオニズムは,19世紀のヨーロッパ民族主義の高まり,反セム主義の存続と強化および現地社会への完全な同化の不可能なことへの失望から出てきた。シオニズムの父祖と呼ばれる人たちに M.ヘス,L.ピンスカーおよび T.ヘルツルなどがいる。ヘルツルは,フランスで起きたドレフュス事件と反セム主義の台頭に直面して,シオニズム運動を起したが,現地社会への同化を望むユダヤ人や,社会主義によってユダヤ人問題を解決しようとするロシアのブント派に属するユダヤ人から激しい批判を受けた。ヘルツルは 1904年に死亡するまで,オスマン帝国からパレスチナにユダヤ人国家をつくる許可を取付ける努力を重ねると同時に,他方においてパレスチナ以外でユダヤ人が国をつくる場所を捜しウガンダをその候補地として検討した。 10年以来,シオニストはパレスチナへの本格的な移民の斡旋に乗出した (「実践的」シオニズム) 。第1次世界大戦に際しては,バルフォア宣言を発表したイギリスを支持した。 22年に国際連盟理事会でイギリスのパレスチナ委任統治が承認されると,その前文にパレスチナにユダヤ人の民族的郷土を建設することが組入れられた。しかし,民族的郷土が何を意味するかをめぐってシオニストの間で論争が起き,ユダヤ国家を建設するとする立場と,ユダヤ文化の中心地をつくればよいとする立場に分れた。 42年にはパレスチナにユダヤ人自治区をつくるという主張が有力となった (ビルトモア計画) 。しかし,V.E.ヤボチンスキーや M.ベギンらの修正シオニストは,トランスヨルダンを含めた大パレスチナにユダヤ人国家を建設すると主張し,シオニスト主流派に抵抗した。 1930年代にシオニズム運動は自立可能な国家のための基礎を築き,その結果 48年5月 14日イスラエル共和国が樹立され,シオニズムの目標は達成された。しかし,先住民族のパレスチナ人への十分な配慮を欠いたユダヤ民族国家の成立は,パレスチナ問題という難問をもたらすことになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

シオニズム

19世紀末以来のユダヤ人国家を建設しようという運動。その創始者として知られるのが、オーストリアのユダヤ系ジャーナリスト、セオドール・ヘルツルである。当初は東アフリカに国家を樹立する案などもあったが、結局はユダヤ人が祖先の地とみなすパレスチナが候補地として選ばれた。エルサレムの別名である「シオン」の地に戻ろうとする運動ということで、シオニズムと呼ばれる。1948年にイスラエルが成立すると、この運動は国家の樹立という一応の目的を達成した。

(高橋和夫 放送大学助教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

シオニズム

シオニズム運動は、パレスチナにユダヤ人の国家を築くことを目指した運動。19世紀に欧州で台頭したそれを背景に、世界各地に住んでいたユダヤ人の同地への移住が進み、1948年のイスラエル国家の成立につながった。先住していながら土地を追われたパレスチナ住民からの抵抗が、今も続いている。

(2013-02-12 朝日新聞 夕刊 文化芸能)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

シオニズム

ユダヤ人を〈民族〉と見なして,その差別からの解放をユダヤ人による国民国家の形成によって達成しようとする運動。名はシオンに由来し,ユダヤ教の〈約束の地〉とされるパレスティナへの移住を行った。
→関連項目アシュケナジムエルサレムキブツツワイクネイミアパレスティナ問題ブーバーヘブライ語ベン・グリオンメイアユダヤ人ワイツマン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シオニズム【Zionism】

ユダヤ人を独自の民族とみなし,ユダヤ人差別・迫害の究極的克服をユダヤ人国民国家の建設によって達成しようとする運動をいう。シオンはエルサレムをさす古い呼称で,パレスティナを父祖以来の約束の地とし,同地へのユダヤ人の移住を〈離散からの帰還〉として考える観念は,ユダヤ教の最も重要な信仰内容に属する。その意味では,19世紀後半にシオニズム(ヘルツルの盟友ビルンバウムNathan Birnbaum(1864‐1937)の命名によるとされる)の名のもとに起こったこの運動はユダヤ教の伝統の継承・発展とみることができる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

シオニズム【Zionism; sionizm】

一九世紀末、ユダヤ人迫害の高まりの中で、ヨーロッパに起きたユダヤ人の国家建設運動。1948年のイスラエル建国をもって目的は一応の実現をみたが、新たなパレスチナ問題を生み出すことになった。 → シオン

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シオニズム
しおにずむ
Zionism

19世紀末、ヨーロッパで始まったユダヤ人国家建設を目ざす思想および運動。シオンは聖地エルサレム南東にある丘の名。ユダヤ人がその地を追放されて離散の歴史をたどるという『旧約聖書』の記述中の「シオンの地」は、宗教的迫害を味わってきたヨーロッパのユダヤ教徒にとって解放への希求とあわさって象徴的意味をもっていた。19世紀後半、帝政ロシアを中心に高まってきたユダヤ教徒迫害(ポグロム)の嵐(あらし)のなかで、シオンの地という宗教的象徴性に「ユダヤ人」国家という現実的領土の概念を重ね合わせるシオニズムが誕生した。ユダヤ民族国家実現への取り組みは1897年、ハンガリー出身のテオドール・ヘルツルTheodor Herzl(1860―1904)によって準備された、スイスのバーゼルにおける第1回世界シオニスト会議で具体化した。同会議は、「ユダヤ民族のためにパレスチナに公法で認められた郷土(国家)を建設する」ことを決議した。第一次世界大戦中の1917年、パレスチナにおけるユダヤ人の郷土建設に対する保障(バルフォア宣言)をイギリスから引き出したシオニズムは、パレスチナがイギリス委任統治領となる1920年以降、ユダヤ人入植を推進した。30年代、ナチズムのユダヤ人虐殺は入植に拍車をかけ、一方、現地パレスチナでは、シオニスト機関によって、非ユダヤ教徒アラブ住民に対する土地没収や労働機会の締め出しが推し進められ、シオニズム勢力とアラブとの対立はイギリス委任統治を動揺させるほど激化した。
 1940年代に入りシオニズムは、アメリカの支援をよりどころに、ユダヤ人国家承認に向けて国際的根回しを図り、47年、イギリス委任統治終了後のパレスチナにユダヤ人、パレスチナ人双方に主権を与えるという国連パレスチナ分割決議を手にした。48年5月15日、イギリス委任統治終了の翌日にイスラエル国家が樹立され、シオニズムは目的を達成した。建国に先だち、シオニズム武装組織はアラブ住民に対するテロ・虐殺を行って人々を逃亡へと駆り立て、「無人化」したアラブ村落を併合し、ユダヤ人国家の膨張を企てた。そうした企ては、ユダヤ教徒以外を容認しない宗教的排他的民族主義であるシオニズムの当然の帰結であった。シオニズムはイスラエル建国後も国家イデオロギーの支柱であり続ける。それは、シオニスト改訂派(後のリクード)のような、「イスラエルの地(エレツ・イスラエル)回復」という宗教的熱狂に駆り立てられ、武力によって際限なく領土拡張意欲を満たそうとする運動潮流において典型的である。[藤田 進]
『板垣雄三編『ドキュメント現代史13 アラブの解放』(1974・平凡社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシオニズムの言及

【パレスティナ】より

… 17年11月のバルフォア宣言は,パレスティナにユダヤ人の民族的郷土(ナショナル・ホーム)を樹立する計画に対し,イギリス政府が支持を与えるものであったが,パレスティナの地域的枠組みは,同宣言を実行すべき場として,むしろ後から組み立てられたものなのであった。ここからパレスティナをエレツ・イスラーエール(イスラエルの地)として理解する立場も生じるが,シオニスト改訂派をも含むシオニズム運動が聖書における神の〈約束〉に依拠して,その〈約束の地〉(《創世記》12:7,13:15,15:18,28:13)の範囲を現代国際政治における領域問題として議論しようとする傾向をすらもったことにより,パレスティナの範囲はそれ自体20世紀の政治的争点となる。しかし,イギリスによるパレスティナ委任統治(1922‐48)がこうして設定したパレスティナの地域的枠組みを前提として,パレスティナ人という存在や,さらにやがてパレスティナ民族主義が成立してきたのであった。…

【ボロホフ】より

シオニズムと社会主義の統合をめざす労働者シオニズム運動の理念上の先駆者。ウクライナに生まれ,若くしてロシア社会民主党に入党するが,やがて離党してシオニズム運動に参加し,その内部にユダヤ人労働者社会主義民主党(ポアレ・シオンPoale Zion)を創立する上で重要な役割を果たす。…

【ユダヤ教】より

…19世紀後半,帝政ロシア末期の混乱の中で,ユダヤ人を無差別に殺戮(さつりく)するポグロムが広がったため,多数のユダヤ人がアメリカに逃げた。同時に,ユダヤ民族主義シオニズムが勃興し,それをT.ヘルツルが政治運動に組織した。第1次大戦後,ヒトラーのナチス・ドイツは,組織的アンチ・セミティズム政策により,ユダヤ人600万人を殺戮した。…

※「シオニズム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シオニズムの関連キーワードウラジーミル ジャボティンスキーウィリアム・W. ハダットイスラエル ザングウィルジャボティンスキー世界シオニスト機構J.L. マグネス大イスラエル主義ロスチャイルド家レピ エシュコルアハト・ハアームマンデルケルンスラーンスキーB. ボロホフアハド・ハアムザングウィルヘルツルの丘ベングリオンベン・ツビワイズマンカリシャー

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シオニズムの関連情報