コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アビガン あびがんAvigan

知恵蔵miniの解説

アビガン

抗インフルエンザウイルス薬の一つ。一般名はファビピラビル(favipiravir)。侵入した細胞内でウイルスが自分の遺伝子を複製することを阻害し、その増殖を防ぐという新しいメカニズムにより、抗ウイルス作用をあらわす。富士フイルムグループの富山化学工業株式会社が開発し、2014年3月24日、日本国内での製造販売承認を取得した。アビガンは、エボラ出血熱については未承認の薬剤だが、その治療に効果があるのではないかと考えられており、14年のエボラ出血熱の大流行に際し、各国の医療機関などから提供が要請されている。それを受け日本政府では、「WHOからの要請があれば企業とも協力して未承認薬を提供する用意がある」と発表。また、WHOから要請がなくても条件付きで各国個別の要請に応じる方針を明らかにした。

(2014-8-27)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アビガンの関連情報