コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アビシニア高原 アビシニアコウゲン

大辞林 第三版の解説

アビシニアこうげん【アビシニア高原】

エチオピア高原の別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アビシニア高原
あびしにあこうげん
Abyssinia Plateau

アフリカ大陸北東部にあるエチオピア高原の旧名。アビシニアとはアラビア語のエルハベシャEl Habeshaに由来し、侮蔑(ぶべつ)的響きを伴うので現在は使用されない。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアビシニア高原の言及

【エチオピア高原】より

…アフリカ北東部にある高原。アビシニア高原ともいう。北緯10゜前後という低緯度に位置するエチオピアにとって,平均標高約2300mのエチオピア高原は最も居住に適した所で,人口の大部分と,首都アジス・アベバなど主要都市のほとんどがこの高原に集中している。…

※「アビシニア高原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アビシニア高原の関連キーワードエチオピア(国)エチオピア人種青ナイル[川]デラルツ ツルアビシニアントゥルカナ湖トラフズクネコ別名

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android