侮蔑(読み)ぶべつ

精選版 日本国語大辞典「侮蔑」の解説

ぶ‐べつ【侮蔑】

〙 あなどりさげすむこと。んじあなどること。けいべつ。
※如是放語(1898)〈内田魯庵〉「宗教を冷嘲し聖賢を(ブベツ)し道徳を愚弄し」 〔史記‐周本紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「侮蔑」の解説

ぶ‐べつ【侮蔑】

[名](スル)見くだしさげすむこと。軽蔑。「人を侮蔑したような態度」
[類語]おとしめる嘲る見下す見くびる侮る見下げる卑しめる蔑む嘗める辱める虚仮こけにする馬鹿にする泥を塗る愚弄翻弄嘲弄軽蔑軽侮自嘲侮辱陵辱蔑視

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「侮蔑」の解説

【侮蔑】ぶべつ

あなどり軽んずる。〔史記、周紀〕の末孫季紂、先王のを殄廢(てんぱい)し、蔑して祀らず。百姓に昏暴す。

字通「侮」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android