アフラトキシン(英語表記)aflatoxin

翻訳|aflatoxin

栄養・生化学辞典の解説

アフラトキシン

 C17H12O6 (mw312.28).

 [Aspergillus flavus]および,[A. paracitians]の生産する毒素マイコトキシンで,非常に強い発がん性をもつ.代表的な分子種にアフラトキシンB1, B2, G1, G2などがある.ラッカセイ,ピスタチオナッツ,トウモロコシなどの管理が悪いと,[Aspergillus flavus]が生えて,この物質を生産する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

アフラトキシン【aflatoxin】

ピーナッツなどに生えるある種のコウジカビが生産する毒素。いくつかの種類がある。強力な発癌がん物質であり、ヒトの肝臓癌の原因の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のアフラトキシンの言及

【癌】より

…食道癌はニトロサミンの多い食物,上咽頭癌はEBウイルスの蔓延(まんえん),肝臓癌はB型肝炎ウイルスの慢性感染等が原因と指摘されている。肝臓癌は東南アジアやアフリカにも多いが,この場合は,肝炎ウイルスとともにアフラトキシンによる食物の汚染も重要視されている。インドなど,タバコやビンロウの実や葉をかむ習慣のある地方では口腔癌が多発している。…

【こうじかび病(麴黴病)】より

…幼虫は食欲不振となり発育が不斉一になって急激に死亡する。この致死機構には病原菌から分泌される毒素(アフラトキシン)も関与している。稚蚕の病死体は軟化黒変し,全面が黄緑色あるいは褐色の菌集落で覆われる。…

【マイコトキシン】より

…1918年に三宅市郎によって黄変米菌の分離などが行われたが,第2次大戦後,世界的にマイコトキシンについての研究が進み,現在多くの物質が明らかにされている。マイコトキシンは多くの真菌によって産生され,おもなものにPenicillium属によるシトリニンcitrinin,エリトロスキリンerythroskyrine,Aspergillus属によるアフラトキシンaflatoxin,ステリグマトシスチンsterigmatocystinなどがある。これらの物質は一般に分子量は小さいが,構造的には複雑なものが多く,化学的性質も多様で,肝臓,腎臓,中枢神経などに対し,多様な作用を現す。…

※「アフラトキシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アフラトキシンの関連情報