コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麹黴 コウジカビ

デジタル大辞泉の解説

こうじ‐かび〔かうぢ‐〕【××黴】

コウジカビ科の一群子嚢(しのう)菌。餅(もち)やパンに生え、菌糸は枝分かれし、その先に放射状胞子をつける。多くの酵素を含み、でんぷんたんぱく質などを分解するので、酒・醤油の醸造などに利用される。麹菌(こうじきん・きくきん)。学名、〈ラテン〉Aspergillus
[補説]平成18年(2006)、日本醸造学会が国菌(国を代表する菌)に認定した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android