コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフリカ諸語 アフリカしょごAfrican languages

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフリカ諸語
アフリカしょご
African languages

アフリカの言語の総称で,地理的観点からの呼び名。総数 800から 1000と推定。分類は諸説あるが,J.グリーンバーグによると,(1) アフロ=アジア語族,(2) ニジェール=コルドファン語族,(3) ナイロ=サハラ語族,(4) コイサン語族,の4つの互いに独立した語族に分けられる。 (1) は別名ハム=セム語族で,セム語派,ベルベル語派,クシ語派,チャド語派,古代エジプト語派に分れる。 (2) はニジェール=コンゴ語派とコルドファン語派から成る。スワヒリ語を含むバンツー諸語は前者に属する。 (3) はシャリ=ナイル語派,サハラ語派などに分れる。 (4) はサン語,コイ語,サンダウェ語などで,吸着音をもつのが特徴。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アフリカ諸語の関連キーワードアフリカ諸言語コルドファンハム語系諸族マインホーフスーダン諸語バントゥ語族セイシェル普遍文法母音調和ブレークドラビダ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android