コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフロディテ[キレネ] Aphroditē; Aphrodite of Cyrene

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフロディテ[キレネ]
Aphroditē; Aphrodite of Cyrene

ヘレニズム時代,特にアレクサンドリアにおいて多種多様な発展をとげたアフロディテ像を,アントニウス・ピウス帝 (在位 138~161) 時代に模刻したものといわれ,裸婦の官能美が追究されている。アフリカの古代キレナイカの首都キレネで発見されたので「キレネのアフロディテ」と呼ばれる。同形の他の一連の模刻から,原作は沐浴後に髪を整えるために両手を頭上にあげている姿であったと想像される。原作は前 100年頃制作され,高さ 1.55mのローマ時代の模刻がローマ国立美術館にある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android