コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キレネ キレネ Kyrēnē/〈英〉Cyrene

3件 の用語解説(キレネの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

キレネ(Kyrēnē/〈英〉Cyrene)

キュレネ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キレネ
きれね
Kyrn

リビア北東部のドーリス人ポリス紀元前630年ごろテラ人が建設した植民市として成立し、植民の指導者バットスBattosを祖とする王家の統治を受け、前6世紀には周辺地域のキレナイカバルカBarkaのほかいくつかの植民市を建設し、特産品の薬草シルフィオンの輸出などで繁栄した。同世紀後半にペルシアの宗主権下に入り、前5世紀前半に独立を回復したが、同世紀中ごろに王家が倒れて、民主政ポリスとなった。前322年にプトレマイオス1世に征服されて、穏和寡頭政的政体を与えられ、前3世紀中ごろにはキレナイカの諸都市と連合体を結成した。前74年にキレナイカがローマの属州となったとき、その州都とされたのち、紀元後114年のユダヤ人の大反乱で破壊され、641年のアラブの征服で廃墟(はいきょ)と化した。地中海岸から約15キロメートルの地点にあり、アポロン神殿、ゼウス神殿など多くの遺跡、遺物が発掘されているほか、一部の地区には今日も住人がいる。遺跡は1982年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[清永昭次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キレネの関連キーワードキュレネキュレルカルキュレーターキュレネ学派シレネスペキュレーションキュレイタービデオキュレーターサーキュレンキュレル入浴剤

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キレネの関連情報