コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフロディテ[クニドス] Aphroditē; Aphrodite of Cnidus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフロディテ[クニドス]
Aphroditē; Aphrodite of Cnidus

ギリシアの彫刻。プラクシテレスによって前 340年頃制作。高さ 2.05m。ローマ時代の大理石模刻がバチカン美術館にある。プリニウスによれば,プラクシテレスは裸体と着衣のアフロディテを制作して同時に同価で売出したところ,裸体のほうはコス島の人々から拒まれ,クニドスの人々に買われた。このためクニドスは有名になり,見物客を集めたと伝えられる。クニドスのアフロディテにも多くの模刻があるが,このバチカンのものは最も原作に近いと考えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android