コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バチカン Vatican

翻訳|Vatican

デジタル大辞泉の解説

バチカン(Vatican)

イタリアのローマ市内に位置する、ローマ教皇元首とする世界最小の独立国。正称、バチカン市国。1929年、イタリアとのラテラノ条約によって成立。全カトリック教会総本山である教皇庁が所在。バチカン宮殿システィナ礼拝堂サンピエトロ大聖堂バチカン美術館などがあり、1984年、世界遺産(文化遺産)に登録された。面積0.44平方キロメートル。人口829人(2010)。
ローマ教皇庁異称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

バチカン

◎正式名称−バチカン市国Vatican City State。◎面積−0.44km2。◎人口−約800人(2011)。◎住民−市国民は直接・間接に教皇庁に仕える者で,ほとんどがイタリア人。
→関連項目教皇教皇領ローマ(都市)ローマ・カトリック教会

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

バチカン【Vatican】

◇ イタリアの首都ローマ市内にある、ローマ教皇を元首とする世界最小の独立国。六世紀に教皇庁が置かれて以来ローマ-カトリック教会の中心となり、一四世紀以降、中部イタリアを領土として支配。1870年イタリアに併合されたが、1929年ラテラノ協定により独立。バチカン宮殿・サン-ピエトロ大聖堂などがある。観光国としても有名。首都バチカン。面積0.44平方キロメートル。人口1000( 2003)。正称、バチカン市国。
ローマ教皇庁の別称。 〔「和地関」とも当てた〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

バチカンの関連キーワードエウテュキデス[シキュオン]ベネディクトゥス[16世]ヨハネス・パウルス[2世]メロッツォ・ダ・フォルリアフロディテ[クニドス]アポロニオス[アテネ]国務省[ローマ教皇庁]ベルベデーレのアポロンサン・ピエトロ大聖堂ベルベデーレのトルソサン・ピエトロ大聖堂中国のカトリック教ヨハネス[23世]サンピエトロ広場国連オブザーバーシスチナ礼拝堂A. カザロリミケランジェロバチカンと中国ヨゼフ ピタウ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バチカンの関連情報