コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クニドス Cnidus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クニドス
Cnidus

アナトリア沿岸の南西部,エーゲ海に突出するクリオ岬に栄えた古代ギリシアの商業都市。ドーリス人の 6都市(ドリアン・ヘクサポリス)の一つ。ペルシア戦争後,デロス同盟に加入,前412年に離反。前3世紀頃にはプトレマイオス朝の支配下に入り,その後ローマの属州アシアの自治都市(ムニキピウム)となった。医学や天文学が栄え,彫刻家プラクシテレスの『クニドスのアフロディテ』が有名。アレクサンドリアの灯台を建設したソーストラトスの出身地。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クニドス【Knidos】

小アジア南西端の,エーゲ海に突き出た細長い半島の西端に位置していた古代ギリシア都市。現在はトルコ領。前900年ころ建設されたドリス系の都市で,スパルタ人の入植が伝えられている。前6世紀初めはるか西地中海のリパリ諸島の植民に参加し,同世紀後半にはペルシアの進出に抵抗して半島を切断,孤島とすべく試みたが失敗。ペルシア戦争後,デロス同盟の一員となり,前330年ころ半島の西端要害の地に新市を築いた。その後,プトレマイオス王朝の支配を経てローマ支配下に置かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クニドス
くにどす
Cnidos

小アジア、カリア地方の南岸に位置した古代のギリシア都市。紀元前900年ごろスパルタ人の子孫が建設したといわれる。「ドーリス人六ポリス」the Dorian Hexapolisという連合体の一成員であった。早くからエジプトとの交易を通して富を蓄積し、シチリア島の北沖リパラ(リパリ島)を植民。前546年以降ペルシアに従属したが、ペルシア戦争後はデロス同盟に加わった。前3世紀にプトレマイオス朝、前2世紀にはロードスに支配され、前129年以後ローマ支配下で自由都市を宣せられた。現トルコ領。[古川堅治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クニドスの関連キーワードピオ・クレメンティノ美術館エウドクソス[クニドス]アフロディテ[クニドス]アルタクセルクセス2世デメーテル[クニドス]ビーナス[メディチ]エラシストラトスバチカン美術館ポリュグノトスファルナバズスエウドクソステアイテトスギリシア美術ギリシア科学大英博物館ユニコーンクテシアスエワゴラスビーナスフリュネ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android