コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クニドス クニドスCnidus

3件 の用語解説(クニドスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クニドス
クニドス
Cnidus

アナトリア沿岸の南西部,エーゲ海に突出するクリオ岬に栄えた古代ギリシア商業都市ドーリス人の 6都市(ドリアン・ヘクサポリス)の一つ。ペルシア戦争後,デロス同盟に加入,前412年に離反。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クニドス【Knidos】

小アジア南西端の,エーゲ海に突き出た細長い半島の西端に位置していた古代ギリシア都市。現在はトルコ領。前900年ころ建設されたドリス系の都市で,スパルタ人の入植が伝えられている。前6世紀初めはるか西地中海リパリ諸島の植民に参加し,同世紀後半にはペルシアの進出に抵抗して半島を切断,孤島とすべく試みたが失敗。ペルシア戦争後,デロス同盟の一員となり,前330年ころ半島の西端要害の地に新市を築いた。その後,プトレマイオス王朝の支配を経てローマ支配下に置かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クニドス
くにどす
Cnidos

小アジア、カリア地方の南岸に位置した古代のギリシア都市。紀元前900年ごろスパルタ人の子孫が建設したといわれる。「ドーリス人六ポリス」the Dorian Hexapolisという連合体の一成員であった。早くからエジプトとの交易を通して富を蓄積し、シチリア島の北沖リパラ(リパリ島)を植民。前546年以降ペルシアに従属したが、ペルシア戦争後はデロス同盟に加わった。前3世紀にプトレマイオス朝、前2世紀にはロードスに支配され、前129年以後ローマ支配下で自由都市を宣せられた。現トルコ領。[古川堅治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クニドスの関連情報