コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コス島 コスとうNísos Kós

3件 の用語解説(コス島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コス島
コスとう
Nísos Kós

ギリシア,エーゲ海南東部,ドデカニソス諸島中部の島。狭い海峡をはさんでトルコ相対する。南岸沿いに石灰岩山地が延び,最高点 846m。北岸沿いには肥沃な低地が連なり,その東部に中心都市コスがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コス‐とう〔‐タウ〕【コス島】

KosΚως》ギリシャ東部、エーゲ海に浮かぶ島。ドデカネス諸島に属し、トルコ本土とわずか約5キロメートルの位置にある。中心地はコス。同島北東部にアスクレピオンアスクレピオスの遺跡)がある。白い砂浜が広がる海岸保養地も多い。古代ギリシャの医師ヒポクラテスの生地。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コス島
こすとう
Kos

小アジア半島南西岸沿いにあるギリシア領の島。ドデカネス諸島に属し、面積290平方キロメートル、人口3万0071(2001)。最高峰オロメドン山は標高875メートル地中海式気候で、北部の平原では穀類、柑橘(かんきつ)類、ブドウ、野菜を豊富に産する。畜産、養蜂(ようほう)、海綿採集、漁業も盛ん。銅、鉄などの鉱産物にも恵まれ、鉱質温泉が多い。島の西部に医神アスクレピアスの神殿の遺跡がある。オスマン・トルコ帝国、イタリアの支配を経て、1947年よりギリシア領。医学の祖ヒポクラテスの出生地。[真下とも子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コス島の関連情報