コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コス島 コスとう Nísos Kós

3件 の用語解説(コス島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コス島
コスとう
Nísos Kós

ギリシア,エーゲ海南東部,ドデカニソス諸島中部の島。狭い海峡をはさんでトルコ相対する。南岸沿いに石灰岩山地が延び,最高点 846m。北岸沿いには肥沃な低地が連なり,その東部に中心都市コスがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コス‐とう〔‐タウ〕【コス島】

KosΚως》ギリシャ東部、エーゲ海に浮かぶ島。ドデカネス諸島に属し、トルコ本土とわずか約5キロメートルの位置にある。中心地はコス。同島北東部にアスクレピオンアスクレピオスの遺跡)がある。白い砂浜が広がる海岸保養地も多い。古代ギリシャの医師ヒポクラテスの生地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コス島
こすとう
Kos

小アジア半島南西岸沿いにあるギリシア領の島。ドデカネス諸島に属し、面積290平方キロメートル、人口3万0071(2001)。最高峰オロメドン山は標高875メートル地中海式気候で、北部の平原では穀類、柑橘(かんきつ)類、ブドウ、野菜を豊富に産する。畜産、養蜂(ようほう)、海綿採集、漁業も盛ん。銅、鉄などの鉱産物にも恵まれ、鉱質温泉が多い。島の西部に医神アスクレピアスの神殿の遺跡がある。オスマン・トルコ帝国、イタリアの支配を経て、1947年よりギリシア領。医学の祖ヒポクラテスの出生地。[真下とも子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コス島の関連キーワードギリシャ正教ギリシャ哲学ギリシャ文字ギリシャ正教会ヘラスギリシャ十字ΚωςΤριάνταニシロ島ギリシャ棺の秘密

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コス島の関連情報