コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブサロカ山脈 アブサロカさんみゃくAbsaroka Range

1件 の用語解説(アブサロカ山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブサロカ山脈
アブサロカさんみゃく
Absaroka Range

アメリカ合衆国ロッキー山系の一部(→ロッキー山脈)。ワイオミング州北西部からモンタナ州南西部にかけて連なる山脈。イエローストーン国立公園の東部に沿い,長さ約 270km,幅約 130km。新第三紀の火山活動で形成された高原が隆起し,山岳氷河や河川の浸食によって峡谷が刻まれ,その風景は雄大である。フランクスピーク(4005m),ウッド山(3859m),グラニットピーク(3901m)など,3000m以上の高山が数多くそびえ,その東麓はビッグホーン盆地,西麓にイエローストーン湖がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone