コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブダット Avdat

デジタル大辞泉の解説

アブダット(Avdat)

イスラエル南部、ネゲブ砂漠にある都市遺跡。ナバテア人によって建設され、紀元前3世紀から前2世紀にかけて乳香没薬(もつやく)などの交易によって栄えた。古代ローマ東ローマ帝国時代の浴場や神殿などの遺跡が見られ、現在は国立公園に指定されている。ネゲブの都市遺跡ハルザマムシトシブタに加え、六つの城塞および隊商宿などが、2005年に「ネゲブ砂漠の香の道と都市群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。アブダト。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

アブダットの関連キーワードエインアブダットエンアブダット

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android