コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブダット(英語表記)Avdat

デジタル大辞泉の解説

アブダット(Avdat)

イスラエル南部、ネゲブ砂漠にある都市遺跡。ナバテア人によって建設され、紀元前3世紀から前2世紀にかけて乳香没薬(もつやく)などの交易によって栄えた。古代ローマ東ローマ帝国時代の浴場や神殿などの遺跡が見られ、現在は国立公園に指定されている。ネゲブの都市遺跡ハルザマムシトシブタに加え、六つの城塞および隊商宿などが、2005年に「ネゲブ砂漠の香の道と都市群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。アブダト。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android