コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブー・スフヤーン Abū Sufyān ibn Ḥarb

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブー・スフヤーン
Abū Sufyān ibn Ḥarb

[生]565頃.メッカ
[没]653頃
メッカの有力商人で,軍事指導者。イスラムの預言者ムハンマドを迫害し,彼がメジナに移住したのちはメッカ軍を率いてしばしばイスラム教徒軍と戦った。 630年ムハンマドと折衝してメッカの無血解放の条件を整え,イスラム教徒に改宗してムハンマドに厚遇された。その子ヤジードはイスラムのシリア征服軍の総司令官となり,その弟のムアーウィヤは兄ヤジードの跡を継ぎ,のちにウマイヤ朝を開いた (→ムアーウィヤ1世 ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アブー・スフヤーンの関連キーワードジヤード・イブン・アビーヒムアーウィヤ(1世)ムアーウィヤ[1世]ウフドの戦いムアーウィヤイスラム教徒

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android