コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブー・タンマーム アブー・タンマーム Abū Tammām, Ḥabīb ibn Aws

2件 の用語解説(アブー・タンマームの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブー・タンマーム
アブー・タンマーム
Abū Tammām, Ḥabīb ibn Aws

[生]804頃.シリア,ジャーシム/マンビジュ
[没]845頃.モスル
アラブの詩人。エジプトその他の地を遊歴し,のちアッバース朝第8代カリフムータシムに仕えた。小アジア遠征軍に加わり,戦争詩に秀作が多い。彼が編んだ『勇敢詩集』 Dīwān al-ḥamāsaは多くの詩人の作を集めた名詩選で,10部に分れ,第1部が全体のほぼ半分を占め,勇気に関する詩を集めている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アブー・タンマーム
あぶーたんまーむ
Ab Tammm
(788ころ―846ころ)

アラブの詩人。シリアのダマスカス近郊に生まれる。エジプト、アルメニアアゼルバイジャンイランの地を転々とした。アッバース朝第7代カリフ、マームーン、8代ムータシムをはじめ将軍、諸侯をたたえる詩や武勇を称賛する詩をつくった。編詩集に『ハマーサ』(勇壮)があり、自由と剛勇をたたえた多くの傑作が収められている。アラブ文学史上最大の詩人の一人。[内記良一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアブー・タンマームの言及

【アラブ文学】より

…多様な主題に関し,バディーに毒されず天才的な詩作を行ったのはアブー・ヌワースで,特に酒,狩猟,風刺,頌詩などに名作が多い。これらの詩人がペルシア風の豊かな社会生活を詩に託して表現したのに対し,9世紀に入るとアブー・タンマームAbū Tammām(804‐843),イブン・アッルーミーIbn al‐Rūmī(836‐896),ブフトリーal‐Buḥtrī(821‐897)などが現れて,ギリシア文化を身につけ内省的思想詩をものにした。イブン・アッルーミーはカシーダ全体の理論的一貫性を創意し,アブー・タンマームは脆弱化したバディー流に力強いジャーヒリーヤ風の詩法を加味して,大帝国のカリフにふさわしい荘重な頌詩を作った。…

※「アブー・タンマーム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アブー・タンマームの関連キーワードジャーマンアイリスジャーマンジャーマンポテトニーマンフェローシップレジャーシートシリアスマンじゃーじゃジャーマン・ブラスジャーシー岩ジャーマン・ポインター

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone