コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブー・ヌワース Abū Nuwās

1件 の用語解説(アブー・ヌワースの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アブー・ヌワース【Abū Nuwās】

747から762‐810から813
アッバース朝期最大の詩人。アフワーズで生まれ,バスラで育つ。薬剤師を生業としていたが詩才が認められ,クーファバグダード,さらに遊牧民の間で教養を積む。宰相バクマク家を通してアッバース朝カリフのハールーン・アッラシード,次いでアミーンマームーンの知遇を得,その深い親交は《千夜一夜物語》にも描かれている。詩はあらゆる領域にわたって秀逸であるが,とくに恋愛と酒の詩が名高い。表現は平明であるが,その伝統を無視した斬新な詩作法は,後世に多大な影響を残した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のアブー・ヌワースの言及

【酒】より

…文学史上ではジャーヒリーヤ時代のカシーダ(長詩)の序言の部分に酒がたたえられ,アッバース朝(750‐1258)時代にはハムリーヤートkhamrīyāt(酒を主題にした詩)が多くつくられた。中でもアブー・ヌワースは最大の退廃的詩人で,酒屋に入りびたり,同性愛にふけり,数々の悪徳をつんだ。一方,恋愛詩の用語を用いて神への愛をうたいあげる神秘主義詩人においては,ハムルという言葉は神との合一体験に達して,恍惚(こうこつ)とした境地に至ること(ファナー)を象徴的に表すのに用いられた。…

※「アブー・ヌワース」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アブー・ヌワースの関連キーワードアッバース朝北陸新幹線北海道新幹線バグダッドハールーンアッラシードアイ・ウィル・セイ・グッバイグッバイ、ミッキー・マウス813813の謎ボーイング747型機

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone