コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブー・ヌワース Abū Nuwās

世界大百科事典 第2版の解説

アブー・ヌワース【Abū Nuwās】

747から762‐810から813
アッバース朝期最大の詩人。アフワーズで生まれ,バスラで育つ。薬剤師を生業としていたが詩才が認められ,クーファ,バグダード,さらに遊牧民の間で教養を積む。宰相バクマク家を通してアッバース朝カリフのハールーン・アッラシード,次いでアミーン,マームーンの知遇を得,その深い親交は《千夜一夜物語》にも描かれている。詩はあらゆる領域にわたって秀逸であるが,とくに恋愛と酒の詩が名高い。表現は平明であるが,その伝統を無視した斬新な詩作法は,後世に多大な影響を残した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアブー・ヌワースの言及

【酒】より

…文学史上ではジャーヒリーヤ時代のカシーダ(長詩)の序言の部分に酒がたたえられ,アッバース朝(750‐1258)時代にはハムリーヤートkhamrīyāt(酒を主題にした詩)が多くつくられた。中でもアブー・ヌワースは最大の退廃的詩人で,酒屋に入りびたり,同性愛にふけり,数々の悪徳をつんだ。一方,恋愛詩の用語を用いて神への愛をうたいあげる神秘主義詩人においては,ハムルという言葉は神との合一体験に達して,恍惚(こうこつ)とした境地に至ること(ファナー)を象徴的に表すのに用いられた。…

※「アブー・ヌワース」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アブー・ヌワースの関連キーワードアラビア文学

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android