コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハールーン・アッラシード ハールーン・アッラシード Hārūn al-Rashīd

翻訳|Hārūn al-Rashīd

3件 の用語解説(ハールーン・アッラシードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハールーン・アッラシード
ハールーン・アッラシード
Hārūn al-Rashīd

[生]763.3. /766.2. レイ
[没]809.3.24. マシュハド
アッバース朝第5代のカリフ (在位 786~809) 。『千一夜物語』の主人公として知られる。父は第3代カリフ,マフディー。母ハイズラーンはベルベル人奴隷。西部地域の総督在任中の 782年,ビザンチン帝国の女帝イレネと講和を結び,70万ディーナールの貢納金を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハールーン・アッラシード

アッバース朝第5代のカリフ(在位786年―809年)。バルマク家のヤフヤーなどを重用し,アッバース朝の最盛期を現出。詩人・楽士を保護し,数次の小アジア遠征を行い,インド王やフランクカール大帝と使節や贈物を交換した。
→関連項目千夜一夜物語マシュハド

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハールーン・アッラシード
はーるーんあっらしーど
Hrn al-Rashd
(766/763―809)

アッバース朝第5代カリフ(在位786~809)。この王朝の全盛期を代表するカリフで、一般的には奢侈(しゃし)と快楽を好む典型的な君主とされているが、実際にはカリフの威信を保つための細心の注意を怠らなかった人物である。ただ、その治世中にはさまざまな重要事件が発生し、アッバース朝が政治的に衰運に向かう契機をつくった。
 第3代カリフのマフディーの第3子で、イエメン系の、もと女奴隷ハイズラーンを母として生まれ、華やかな宮廷生活のなかで育った。皇太子時代の779/80年と781/82年の2回、対ビザンティン遠征軍の総指揮官に任ぜられ、ボスポラス海峡にまで迫る勢いをみせた。母やバルマク家のヤフヤー・ブン・ハーリドらの宮廷工作が実を結ばず、兄ハーディーがカリフにつくと、冷遇されしばらく逆境にあったが、その突然の死でカリフ位についた。対外的には対ビザンティン政策を積極的に進め、国境付近の諸都市を要塞(ようさい)化して侵攻の基地とし、797年には現在のアンカラまで親征して女帝イレーネに朝貢させた。ニケフォロス1世(在位802~811)が即位して緊張関係が生じると、803年と806年にもビザンティン奥深く親征した。ヨーロッパ側の史料によると、フランク国王カール大帝からの使節を受け入れたとされているが、アラブ側の史料にはみえない。
 対内的には、アッバース朝の支配に不満をもつさまざまな党派の反乱が相次ぎ、鎮定に苦しんだ。内政はこの王朝の初代から重用されていたイラン系のバルマク家一門にほとんどをゆだね、それは17年間に及んだが、おそらくイラン系勢力の、より以上の伸張を恐れて、803年突如これを断絶し、自ら国政に臨んだ。また宮廷に多くの学者や文人を集め、学術を保護奨励してイスラム文化の花を咲かせた。『千夜一夜物語』の登場人物としても有名である。[森本公誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハールーン・アッラシードの関連キーワード法王霊社礼物コープレイ麒麟淡麗<生>トゥームレイダー2幽霊の2/3レインボー2

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone