コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アベッグ変奏曲

デジタル大辞泉プラスの解説

アベッグ変奏曲

ドイツの作曲家ロベルト・シューマンのピアノ曲(1830)。原題《Abegg-Variationen》。シューマンにとって初めて出版された作品。アベッグ伯爵夫人に献呈された作品だが、その人物は実在しないことがわかっている。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

アベッグへんそうきょく【アベッグ変奏曲】

《原題、〈ドイツ〉Thema und Variationen über den Namen ABEGGシューマンのピアノ曲。1829年から1830年にかけて作曲。シューマンが初めて世に発表した作品。アベッグの名に基づく変奏曲

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

アベッグ変奏曲の関連キーワードシューマン(Robert (Alexander) Schumann、作曲家)キーシン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アベッグ変奏曲の関連情報