コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマソナス准州 アマソナスAmazonas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アマソナス〔准州〕
アマソナス
Amazonas

ベネズエラ南部の准州。州都プエルトアヤクチョ。南はブラジル,西はコロンビアと国境を接する。ギアナ高地西縁部にあり,大部分はオリノコ川流域に属するが,南西部はアマゾン川左岸の大支流ネグロ川の流域に入る。両流域が接する州中部南西寄りの地域では水路が迷路状に走り,それらの一つ,カシキアレ川が両水系を結んでいる。大部分が高温多雨の熱帯雨林におおわれた未開発地域で,住民の約3分の2はこれら森林地帯に住み狩猟と漁労による自給生活をおくるインディオである。米やキャッサバが栽培されるが,耕地はごくわずかで,主産業はゴム,バラタゴム,バニラなどの採取。北西端部にある州都から南にわずかに道路が通じるが,州内交通はおもに水路,空路による。面積 17万 5750km2。人口5万 5717 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アマソナス准州の関連キーワードパリマ山脈

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android