コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマゾナス劇場 あまぞなすげきじょう

デジタル大辞泉の解説

アマゾナス‐げきじょう〔‐ゲキヂヤウ〕【アマゾナス劇場】

Teatro Amazonas》ブラジル北部、アマゾナス州の都市マナウスの旧市街にある劇場。19世紀末、ゴム景気の財によってパリのオペラ座を模して建てられ、ヨーロッパから輸入したタイルや大理石が用いられている。舞台幕はブラジルの画家クリスピン、天井画はイタリアの画家ドメニコ=デ=アンジェリスによって描かれた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアマゾナス劇場の言及

【マナウス】より

…19世紀末から20世紀初頭にかけての天然ゴム採取産業の中心として栄えたが,ゴム産業の衰退とともに町も一時衰微。大理石造のアマゾナス劇場は1896年建設されたもので,1970年修復,開館された。1968年自由貿易地帯(ゾーナ・フランカ)に指定され,また工業団地が造成され,電気機器,機械,輸送機器など内陸型工業が誘致された。…

※「アマゾナス劇場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アマゾナス劇場の関連キーワードアマゾナス州

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android