コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマゾン族 アマゾンぞくAmazōn

翻訳|Amazōn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アマゾン族
アマゾンぞく
Amazōn

ギリシア神話中の伝説的女人族。好戦的で女子だけで国をなし,男子は隣国へ送るか皆殺しにした。種を得るために一定の季節に他国の男に会ったという。女子は幼児の頃に弓や槍を扱いやすいように右の乳を切取ったので「乳なし族」の名をもつ。アレスハルモニアの子孫といい,カフカススキタイのあたりに住むと考えられた。ヘラクレスは,彼の 12の仕事の一つを達成するために,アマゾン族の女王ヒッポリュテを殺し,その腰帯を取った。また,アテネ王テセウスはアマゾンに遠征し,女王アンチオペを奪った。仕返しに,アマゾン族がアッチカに攻めてきたが激しい戦いののち,テセウスが勝利を得た。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アマゾン族の関連キーワードアテナ・パルテノスワンダーウーマンペンテシレイアベレロフォン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アマゾン族の関連情報