コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマラーバティー遺跡彫刻 アマラーバティーいせきちょうこくAmarāvatī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アマラーバティー遺跡彫刻
アマラーバティーいせきちょうこく
Amarāvatī

南インドの古都アマラーバティーを中心とする,アーンドラ朝後期の代表的な仏塔遺跡。遺跡は 1797年に発見されたが,その中心の巨大ストゥーパ (前2世紀頃創建) は破壊されており,残されていた欄楯 (らんじゅん) ,石板などのほとんどは,チェンナイ (マドラス) ,ロンドン,ニューデリーの各博物館に移されている。大理石に彫られた欄楯の浮彫には,古いものとしては仏像成立前の寓意的象徴によって,釈迦を表わす仏伝ジャータカの図,また,仏像を表わす彫刻もみられる。それらの主題表現や彫刻的表現の違いなどから,年代は次の4期に分けられている。第1期 (前 200~100) ,第2期 (前 100~後 100) ,第3期 (100~150) ,第4期 (150~250) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アマラーバティー遺跡彫刻の関連キーワードチャトラパティ・シバージー・マハラジ・バストゥ・サングラハラヤ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android