コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

欄楯 らんじゅんvedika

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

欄楯
らんじゅん
vedika

インドでストゥーパやその周囲の神聖な場所を,俗界の地と区別するために設けられた玉垣,柵。本来は木柵であったものが,石造に移行したと考えられる。欄楯は通常,周囲を円形または方形に,四角ないし八角に面取りした欄柱で囲み,最上部に笠石をさし渡し,その下に貫石で3段に各欄柱を連結している。普通四方に塔門が設けられているが,サーンチー大塔のように塔門にのみ浮彫を施す場合と,バールフットの欄楯のように,塔門ばかりでなく欄柱や貫石の側面まで多くの浮彫で飾る場合とがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

らんじゅん【欄楯】

インド文化圏で,ストゥーパ,聖樹,その他の聖域を囲うために用いられた玉垣。サンスクリットのベディカーvedikāの訳語。直立させた柱stambhaを普通は3本の貫(ぬき)sūcīでつなぎ,上端に笠石uṣṇīṣaをのせる。遺品はすべて石造であるが,その形態からもとは木造であったと考えられる。ストゥーパに用いられたものが大部分で,前2~後3世紀には表裏とも浮彫で飾る例が多く,バールフットサーンチー第2塔,ボードガヤーアマラーバティーのものがよく知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の欄楯の言及

【ボードガヤー】より

…〈ブッダガヤーBuddhagayā〉,またその音写〈仏陀伽耶〉の名でも知られる。釈迦がその下で悟りを開いた菩提樹を欄楯で囲み菩提道場としたのに始まり,大精舎(マハーボーディ,大菩提寺)の創建はグプタ時代(5~6世紀)であろう。現在の方錐形の大精舎(高さ約52m)は,1870年代の末から数年かけてビルマ(現ミャンマー)の仏教徒が大改修したもの。…

※「欄楯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone