コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマリエンブルク アマリエンブルクAmalienburg

世界の観光地名がわかる事典の解説

アマリエンブルク【アマリエンブルク】
Amalienburg

ドイツ南部、バイエルン州の州都ミュンヘン(München)市街の西端に位置する、ニンフェンブルク城(Schloss Nymphenburg)の広大な庭園の中に建っている離宮(小城館)の一つ。◇アマリエンブルクは、ドイツ最高のロココ様式小宮殿と評されている。これは選帝侯カール・アルブレヒト(のちの神聖ローマ帝国皇帝カール7世、1742~1745年)が夫人であるアマリエ(皇帝ヨーゼフ1世の娘)に贈った狩猟用の小宮殿で、1740年ごろに建てられた。この建物の内部は、ほとんど狩りをイメージしたもので装飾されているが、最大の見どころは、白と銀色で統一された円形の「鏡の間」といわれる。すべての壁画に鏡がはめこまれ、ベネチアのシャンデリアに、青地に銀の装飾をあしらった狩りのシンボルで飾られている。ニンフェンブルク宮殿の庭園の中にはアマリエンブルクのほか、バーデンブルクパゴーデンブルクなどの離宮がある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

アマリエンブルクの関連キーワードマグダレーネンクラウゼロココ美術キュビイエ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android