アマルテア(英語表記)Amalthea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アマルテア」の解説

アマルテア
Amalthea

衛星木星Vの公式名。のときの平均実視等級 13等,公転周期約 12時間。1つの軸方向に延びたいびつな形をしており,長径 265km,短径 140kmで,長軸方向を常に木星に向けて公転している。 1892年に E.バーナードにより発見された。 1979年に木星に接近した無人探査機ボイジャー1,2号によりアマルテアより内側に新衛星 (木星 XV,XVI) が発見されたので,アマルテアは木星に最も近い衛星ではなくなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android