コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマルテア Amalthea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アマルテア
Amalthea

衛星木星Vの公式名。のときの平均実視等級 13等,公転周期約 12時間。1つの軸方向に延びたいびつな形をしており,長径 265km,短径 140kmで,長軸方向を常に木星に向けて公転している。 1892年に E.バーナードにより発見された。 1979年に木星に接近した無人探査機ボイジャー1,2号によりアマルテアより内側に新衛星 (木星 XV,XVI) が発見されたので,アマルテアは木星に最も近い衛星ではなくなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アマルテア(Amalthea)

木星の第5衛星で、すべての衛星のうち3番目に木星に近い軌道を回る。1892年に発見。名の由来はギリシャ神話の女神。氷と岩石による非球形の塊。平均直径は約190キロ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

アマルテア

ロボットアニメ「機動戦士ガンダム」のテレビシリーズのひとつ「機動戦士Vガンダム」に登場する宇宙戦艦。ザンスカール帝国軍の主力戦艦として開発されたアマルテア級宇宙戦艦。全長462メートル。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

アマルテアの関連キーワードロッシュの限界ボエジャーカペラ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android