コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミソス Amisos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アミソス
Amisos

黒海にのぞむ古代ギリシアの港町。前6世紀にミレトスまたはフォカイアが建設した植民市 (アポイキア ) であったが,前5世紀中頃にはアテネ人が入植し,ペイライエオスと改名。カッパドキアなど小アジア奥地と黒海を結ぶ交易の要衝として栄えた。アレクサンドロス3世 (大王) 時代にも自治を認められたが,前 250年頃ポントス王国に併合された。王国滅亡後,ローマ領となり自治を認めた。周囲には肥沃な海岸平野があり,西に向ってはハリュス河口までを領有した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アミソスの関連キーワードアッチカサムスン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android