コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アムラシュ Amlash

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アムラシュ
Amlash

カスピ海に面したイラン,ギーラーン州アムラシュ付近の前9~8世紀の巨石墓跡をいう。 1962年よりテヘラン大学の手で発掘が行われ,副葬品として動物形の陶製ないし青銅製のリュトンや,動物や狩猟の図柄の入った金・銀杯などが出土,イラン原史時代における文化,特にトランスコーカシアウラルトゥなどとの関係の解明に貢献した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アムラシュの関連キーワードカスピ海

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android