コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アムリッツァル虐殺事件 アムリッツァルぎゃくさつじけんMassacre of Amritsar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アムリッツァル虐殺事件
アムリッツァルぎゃくさつじけん
Massacre of Amritsar

1919年4月 13日北部インド,パンジャブ地方のアムリッツァルで起きたイギリス側によるインド人大量虐殺事件。第1次世界大戦後インドでは M.ガンジーの指導のもとに独立を目指す抵抗運動が展開されたが,イギリス側はローラット法を施行してこれを弾圧。アムリッツァル市内のジャリアンワーラ・バーグで開かれたローラット法反対集会に対してイギリスは武力弾圧を行い,素手の民衆の間に 379人の死者,1208人の負傷者を出した。ガンジーら抵抗勢力は非暴力非協力運動でこれに抗議。この事件の結果,インドの民族感情は悪化し,多くの穏健な独立論者が急進的な民族主義者に変った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

アムリッツァルぎゃくさつじけん【アムリッツァル虐殺事件】

1919年、アムリッツァルで起きた、イギリス軍のインド民衆虐殺事件。民衆の反英運動高揚の契機となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

アムリッツァル虐殺事件の関連キーワードガンディー(Mohandās Karamchand Gāndhī)