コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アム・ダリヤ[川] Amu‐Dar’ya

1件 の用語解説(アム・ダリヤ[川]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アム・ダリヤ[川]【Amu‐Dar’ya】

中央アジアの川。パミール高原の氷河に源を発してアフガニスタンから旧ソ連邦中央アジア(タジキスタントルクメニスタンウズベキスタン)を経てアラル海に注ぐ。全長2620km,流域面積46万5000km2。ギリシア語ラテン語文献では,オクソス,オクスス,中国史料では嬀水(きすい)などとよばれた。中・下流域は砂漠で流入河川はなく,灌漑用取水や蒸発により流量の25%が失われる。とくに1960年以降の灌漑用取水量の急増で,アラル海の水位低下が問題になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アム・ダリヤ[川]の関連キーワードアムダリアシルクロード葱嶺天山山脈トルキスタンパミールヒンズークシ山脈花剌子模ミールダルスヨークトル氷河中央アジアの草原にて

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone