コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アム・ダリヤ[川] Amu‐Dar’ya

世界大百科事典 第2版の解説

アム・ダリヤ[川]【Amu‐Dar’ya】

中央アジアの川。パミール高原の氷河に源を発してアフガニスタンから旧ソ連邦中央アジア(タジキスタントルクメニスタンウズベキスタン)を経てアラル海に注ぐ。全長2620km,流域面積46万5000km2。ギリシア語,ラテン語文献では,オクソス,オクスス,中国史料では嬀水(きすい)などとよばれた。中・下流域は砂漠で流入河川はなく,灌漑用取水や蒸発により流量の25%が失われる。とくに1960年以降の灌漑用取水量の急増で,アラル海の水位低下が問題になっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アム・ダリヤ[川]の関連キーワードヒンドゥークシ[山脈]

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android