コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アヤクチョ アヤクチョ Ayacucho

2件 の用語解説(アヤクチョの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アヤクチョ
アヤクチョ
Ayacucho

ペルー中南部,アヤクチョ県の県都。首都リマの東南東約 330km,アンデスの西部山脈東斜面の肥沃な谷にあり,標高約 2700m。インカ帝国の征服者 F.ピサロにより 1539年建設され,ワマンガ Huamangaと名づけられたが,ラテンアメリカ独立戦争中,1824年近くのアヤクチョ高原で独立軍がスペイン政府軍を撃破,ペルーの独立が確保されたことから,翌 25年現在名に改称された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アヤクチョ【Ayacucho】

ペルー南部の同名県の県都。人口10万5918(1993)。アンデス山中を北流するマンタロ川の上流域にあり,標高2731m。1539年F.ピサロによって建設され,ワマンガと称した。中央道によりリマと結ばれる(575km)。近辺のラ・キヌアは,1824年スクレ将軍の部下コルドバがペルー副王軍を破り,スペイン領南アメリカの独立を確定的にした古戦場である。1677年設立の大学がある。【田嶋 久】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アヤクチョの関連キーワードアレキパゾングルダクタクナドブリッチピウラワンカベリカアンタリヤカッサライーカプーノ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone