コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アヤクチョ Ayacucho

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アヤクチョ
Ayacucho

ペルー中南部,アヤクチョ県の県都。首都リマの東南東約 330km,アンデスの西部山脈東斜面の肥沃な谷にあり,標高約 2700m。インカ帝国の征服者 F.ピサロにより 1539年建設され,ワマンガ Huamangaと名づけられたが,ラテンアメリカの独立戦争中,1824年近くのアヤクチョ高原で独立軍がスペイン政府軍を撃破,ペルーの独立が確保されたことから,翌 25年現在名に改称された。現在周辺の農業地帯の中心地で,穀物,家畜などを集散するほか,織物,陶器,皮革製品,金銀線条細工などを製造。市内には 17世紀の大聖堂をはじめ植民地時代の古い建築物が多数保存され,観光業も盛ん。 1677年創立のサン・クリストバル・デ・ワマンガ大学は 1886年閉鎖されたが,1957年再開。リマとクスコを結ぶ道路が通る。人口 10万 1600 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アヤクチョ【Ayacucho】

ペルー南部の同名県の県都。人口10万5918(1993)。アンデス山中を北流するマンタロ川の上流域にあり,標高2731m。1539年F.ピサロによって建設され,ワマンガと称した。中央道によりリマと結ばれる(575km)。近辺のラ・キヌアは,1824年スクレ将軍の部下コルドバがペルー副王軍を破り,スペイン領南アメリカの独立を確定的にした古戦場である。1677年設立の大学がある。【田嶋 久】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アヤクチョの関連キーワードプレ・プロジェクタイル・ポイント文化近・現代ラテンアメリカ史(年表)パレオ・インディアン文化アビマエル グスマンセンデロ・ルミノソアヤクチョの戦いトウモロコシ農耕アマソナス准州通常戦力の規制アプリマク県ヒョウタンアバンカイオリノコ川ボリーバルワリ文化ボリバルラパス

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android