コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラビア砂漠 アラビアさばく

2件 の用語解説(アラビア砂漠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラビア砂漠
アラビアさばく

シャルキーヤ砂漠」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アラビア砂漠
あらびあさばく

アラビア半島のほぼ全域と、イランザーグロス山脈の西麓(せいろく)からイラク、ヨルダン、イスラエルを経てシリアの南部にかけて広がる砂漠。面積246万平方キロメートル。大規模な砂漠のため、地域により自然条件は多様である。アラビア半島の東半分からイラク、シリアにかけての最暖月の平均気温は30℃を超え、イスラエルからイエメンにかけては25~29℃である。最寒月の平均気温は北部で7℃程度、南のオマーンの海岸付近で20℃程度である。アラビア半島の地形は南西部のアシール山地、イエメン山地とオマーン東端のアハダル山脈以外は、北東に緩やかに傾斜する標高1000~100メートルの高原である。この高原の南部には世界最大規模のルブ・アル・ハーリー砂漠が、北部にはナフード砂漠が発達しており、この二つの砂砂漠をつなぐように東寄りにダハナー砂漠(砂砂漠)が発達している。なお、アラビア砂漠の北端部はシリア砂漠とよばれている。イラクの中央部は沈降地帯であり、ティグリス川、ユーフラテス川が低平な沖積平野を形成している。アラビア砂漠は世界有数の石油埋蔵・産油地域であり、世界の経済・政治に大きな影響を与えている。[赤木祥彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone