コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラビア砂漠 アラビアさばく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラビア砂漠
アラビアさばく

シャルキーヤ砂漠」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アラビア砂漠
あらびあさばく

アラビア半島のほぼ全域と、イランのザーグロス山脈の西麓(せいろく)からイラク、ヨルダン、イスラエルを経てシリアの南部にかけて広がる砂漠。面積246万平方キロメートル。大規模な砂漠のため、地域により自然条件は多様である。アラビア半島の東半分からイラク、シリアにかけての最暖月の平均気温は30℃を超え、イスラエルからイエメンにかけては25~29℃である。最寒月の平均気温は北部で7℃程度、南のオマーンの海岸付近で20℃程度である。アラビア半島の地形は南西部のアシール山地、イエメン山地とオマーン東端のアハダル山脈以外は、北東に緩やかに傾斜する標高1000~100メートルの高原である。この高原の南部には世界最大規模のルブ・アル・ハーリー砂漠が、北部にはナフード砂漠が発達しており、この二つの砂砂漠をつなぐように東寄りにダハナー砂漠(砂砂漠)が発達している。なお、アラビア砂漠の北端部はシリア砂漠とよばれている。イラクの中央部は沈降地帯であり、ティグリス川、ユーフラテス川が低平な沖積平野を形成している。アラビア砂漠は世界有数の石油埋蔵・産油地域であり、世界の経済・政治に大きな影響を与えている。[赤木祥彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アラビア砂漠の関連キーワードチャールズ・モンタギュ ダウティアラビア半島アッシリアニザーミーアラビア語イスラエルダウティ砂漠気候オアシス内陸砂丘乾燥地帯砂丘

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アラビア砂漠の関連情報