コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラブ三国軍事同盟 アラブさんごくぐんじどうめい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラブ三国軍事同盟
アラブさんごくぐんじどうめい

1956年4月 22日,エジプト,サウジアラビアイエメン (イエメン=アラブ共和国) 3国がサウジアラビアのジッダで結んだ軍事協定に基づく軍事同盟。集団自衛権を組織化したもので,目的は紅海全域にわたるアラブ諸国の勢力強化にあるとみられるが,同盟3国の政権の性格の違いから実際にはほとんど機能していない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アラブ三国軍事同盟の関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎[各個指定]工芸技術部門中平康野村芳太郎マキノ雅広川島雄三市川崑コーマン清水宏

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android