コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

組織化 そしきかorganization

翻訳|organization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

組織化
そしきか
organization

集団内部の地位と役割の体系化や規範形成の過程の深まり,つまり過程としての組織の特徴を表現するために用いられる概念で,状態としての組織は組織体と呼ばれる場合がある。組織化は次のように種々の意味において用いられる。 (1) 社会の未組織部分に組織が浸透していく自己増殖の過程,(2) ある組織が他の組織ないし集団を,上位組織,同位組織,下位組織とすることにより諸組織間に重層関係あるいは系列関係を成立させていく過程,(3) 地域社会組織化をいう意味の場合で,元来地域社会における住民の諸欲求と,地域社会の資源との間のバランスを保ち,調整することを意味し,組織化とは調整という意味に考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そしき‐か〔‐クワ〕【組織化】

[名](スル)まとまりのない個々のものを一つの組織にまとめること。「地域活動を組織化する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そしきか【組織化】

( 名 ) スル
ばらばらの物や人を、一つの体系のもとにまとめること。 「労働者を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

組織化の関連キーワード寄り合い所帯・寄合い所帯・寄り合い世帯・寄合い世帯コミュニティー・オーガニゼーションジョージ ホワイトサイズ中華全国文学芸術界聯合会トゥサン・ルベルチュールニューラルネットワーク図書館資料組織化研究会オートポイエーシスブラフマ・サマージエヌ・エス・エージミー ホッファブラック・リストエピスコピウス中華全国総工会自発的秩序形成非平衡熱力学システム工学ゼンセン同盟マトゥラーナ知識情報処理

組織化の関連情報