コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラマンニ族 アラマンニぞくAlamanni(Alemanni); Alemannen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラマンニ族
アラマンニぞく
Alamanni(Alemanni); Alemannen

ゲルマン民族一派。3世紀頃ライン川中流の東岸に定着していた小部族が連合する傾向をみせ,セームノーネス族を中心としスエビ系諸部族が集って,ローマの長城の北で一派を形成,ローマ帝国領に脅威を与えた。のち長城を越え,ローマ領アグリ・デクマテスを占領。5世紀末クロービス1世に制圧され,フランク王国の支配下に入った。のちのシュワーベン部族の土台をなす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アラマンニ族の関連キーワードクラウディウス[2世]ウュルテンベルクマルコマンニ族ヘルウェティ族ブライスガウユリアヌスガリエヌスプロブススエビ族ラエチアクルニアスイス

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android