アラン アーキン(英語表記)Alan Arkin

20世紀西洋人名事典の解説

アラン アーキン
Alan Arkin


1934.3.26 -
米国の俳優。
ニューヨーク生まれ。
学生時代に結成した「ザ・タリアーズ」が人気を得て、ミュージシャンとして有名になる。1959年クリスタル・パレス劇場でデビュー、「From the Second City」(’61年)でオフ・ブロードウェイに進出。ブロードウェイの「Enter Laughing」でトニー賞を受賞する。映画デビュー作の「アメリカ上陸作戦」でアカデミー助演男優賞候補になる。多才で、舞台演出や映画監督、写真家としても活躍している。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

現代外国人名録2012の解説

アラン アーキン
Alan Arkin


国籍
米国

専門
俳優;音楽家;脚本家;映画監督;童話作家

本名
Alan Wolf Arkin

生年月日
1934/3/26

出生地
米国 ニューヨーク市

学歴
ベニントン大学

経歴
ロサンゼルス市立大学、州立大学を経てバーモント州のベニントン大学で演劇を専攻。ミュージシャンとして有名になったのち、1959年舞台デビュー。やがてブロードウェイに進出。’63年ブロードウェイの「Enter Laughing」で成功し、トニー賞を受賞。’66年「アメリカ上陸作戦」で映画デビュー、いきなりアカデミー賞助演男優賞にノミネート。その後「暗くなるまで待って」(’67年)「愛すれど心さびしく」(’68年)「キャッチ22」(’70年)などの作品で個性派俳優として知られるように。2007年「リトル・ミス・サンシャイン」(2006年)でアカデミー賞助演男優賞を受賞。他の出演作に映画「あきれたあきれた大作戦」(’79年)「50歳の恋愛白書」(2009年)など。ギターやフルートなどをこなす音楽家でもあり、脚本家、映画監督(「殺人狂想曲」’71年)、童話作家としても活躍。著書に「レミング物語」「カウンセリング熊」など。

受賞
アカデミー賞助演男優賞(第79回,2006年度)〔2007年〕「リトル・ミス・サンシャイン」 トニー賞(助演男優賞,第17回)〔1963年〕「Enter Laughing」;ゴールデン・グローブ賞(ミュージカル・コメディ主演男優賞,第24回,1966年度)「The Russians Are Coming,The Russians Are Coming」;オビー賞(演出賞,1969〜70年度)「White House Murder Case」

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アラン アーキンの関連情報